essay: 2007年7月アーカイブ

初北京

| コメント(0)

初めて中国にやってきた。よくわからないまま、タクシーでホテルに向かったが、
ホテルが有名でなかったため、百度で印刷しておいた地図がとても役に立った。
最後の決め手は、タクシーに乗っていたGPS。手書きで漢字を認識して、検索
可能な優れものだった。タクシーの中で一番高価そうなのがGPSだった。

ホテルは、なぜか予約が見つからない、と言われ、結局、違う受付(ホテルに
受け付けが複数有り、建物も複数ある)にいって、同じ値段で同じ形の部屋に
入った。ただ、部屋のグレードが下がった気がする。昭和30~40年代の建物
みたいな感じであった。受付でいろいろ交渉しているときに、その直前に買った
「午后の紅茶」がいつの間にか、なくなってしまった。どこかにおいてしまったか、
盗まれたかなぁ。まあ100円もしないので、良い物の、油断を作ってはいけない、
と実感した。

雑貨屋さんで、お茶を買ったところ、「低糖」と書いてある。飲んでみると、甘い。
ガイドブックにお茶に砂糖が入っている、と書いてあったが、本当にその通りで
あった。

上半身裸で自転車に乗っているおじさんや、水をいれるタンクを持って、
うろうろしているおじさんなど、話には聞いていた人たちを目にすることが
できた。

とはいうものの、その他は、そんなに変わらず、普通の感じに見える。
北京生活をすこし楽しみたい。


新幹線のコーヒー

| コメント(1)

これまで新幹線や特急での車内販売を利用したことがほとんどなかった。
その理由は電車に乗る前に購入した方がお弁当など安いため、車内販売は
割高だと考えていたからだ。

先日、「新幹線ガール」を読んで(Blog)、新幹線ではパーサーの方々が
きちんとコーヒーを作っていて、おいしいのでオススメ、とあった。そこで
興味を持ち、先日、東海道新幹線に乗ったときに注文してみた。

一杯300円。飲んでみると結構おいしい。インスタントコーヒーより良い。
ただ紙コップなので少し食感が物足りない気がする。それでも、温かい
コーヒーが席でゆっくり味わえるのはいい。

考えてみると、車内でのその場に応じたサービス、オン・デマンドは価値
があると感じる。その場で楽しめる、そして暖かいコーヒーというわけで
売れるのは納得と思った。同じように、ビールやアイスクリームなども
売れているのだろう。


地震速報と政見放送

| コメント(2)

政見放送中は、地震速報がでないっぽい。法令で決まっているためだと思うが、
いずれ検討した方が良いとは感じた。

ビリーズブートキャンプ(Billy Blanks Boot Camp)が流行っているそうだ。
そこで、5,6人で、DVDをプロジェクタで等身大に上映しながら、体験
してみた。簡単に言えば、フィットネスのDVDである。しかし、YouTubeなど
でも話題になったようで、Wikipediaによれば、2007年6月だけで20万セット
DVDが日本で売れたそうだ。

軍隊の訓練をベースにしたエクササイズで、筋肉を意識、意識を変える、
といった言葉が、「Change your will」、「Change your mind」とでてくる。
基本プログラムだそうだが、やってみて、まだ基本プログラムすらできない
ことがわかった。相当きついものだ。

特に腹筋がきつい。最近、さぼっていたこともあり、途中リタイアだった。
腹筋が数百回くらいできるレベルにないと、ついて行けないと思った。
また、腕立て伏せも久しくやっていないので、これもついていけなかった。
このあたりの基礎体力が落ちたな、と実感し、これから、もうちょっと
やらないと、と思ったところだ。

それにしても、初心者にはきつすぎるメニュー(こなせないメニュー)だと
思う。短期エクササイズといっても、まずやりこなすのが第一で、そのあと
きちんと続ける、という感じだろう。一回やってハードさを体験できたのは
よかった。といっても、まだ基礎編。このあと、DVDがあと3巻あるらしい。。。

このアーカイブについて

このページには、2007年7月以降に書かれたブログ記事のうちessayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはessay: 2007年6月です。

次のアーカイブはessay: 2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30