essay: 2005年4月アーカイブ

尼崎の列車事故

| コメント(0)

4月25日に、JR福知山線の尼崎駅より1.8km手前で、
列車が転覆・脱線・マンションに突っ込む、という大惨事が
おきてしまった。100名以上の尊い命が失われ、500名近い
方が怪我をする、という大事故だ。

一つ前の駅で、40mもオーバーランした列車が、1分30秒
遅れで駅を発車し、70kmが制限速度のカーブを100km
以上の速度で入り、そのまま、外側へ脱線、カーブの外に
あったマンションの駐車場に1両目が突っ込み、2両目は
マンションの角にあたり、押しつぶされている。その横に
3両目。4両目も脱線している。5,6,7両目がまだ線路に
ある、という状態だった。

まだ事故の原因はわかっていない。そして、運良く助かった
人たちからの証言によれば、いつもよりもスピードが速かった
という。カーブで急ブレーキをしたために、片足になって横転
したのでは、という話もある。そして、運が悪く、マンションが
あったために、そこに突っ込み、さらに連結していたために
電車が折りたたまれてしまったようだ。

列車は構造上、正面からの力には強いらしいが、側面からの
力に弱い。そのため、マンションに横からぶつかった2両目は
完全にひしゃげてしまい、原型をとどめていない。軽量化・
高速化のため、構造がやわくなっていないのか、不安になる。

事故のニュースを見たり、読んだりすると、本当に胸が痛む。
無垢の人たちが、突然の事故で、大勢なくなってしまった。
みんなそれぞれの人生があって、日常があったものが、
突然寸断されてしまったのだ。そして、今回、通勤・通学時間帯
であったために、大学生や若い人の命が数多く失われていて
いたたまれない思いになる。

こういった悲惨な事件を二度と繰り返さないために、システムの
改善や教訓を導き出し、それを次世代へ伝えていかなければ、
と思う。失敗学を畑村先生は提唱しているが、本当にこういう
事故を常に頭に思い浮かべ、安全対策をしていかねば、と
感じる。

そして、今回、感じたのは、列車の運転士は、飛行機のパイロット
と同じくらいの人数の命を預かっているのだ、ということを感じた。
数百名の人が乗っている列車を運転するということは、責任重大
なことなのだと感じている。

また、ニュースなどを見ている限り感じることは、JR西日本の
対応が良くないことだ。事故直後に、置き石があった、と言ったり、
事故列車の車掌が40mのオーバーランを8mと申告していたり、
事故現場のカーブの危険速度を時速133kmと計算して発表して
いたものの、乗客も気象条件も無視した計算だったなど、おかしな
点ばかり目立つ。危険速度は、乗客により重心が高くなったり、
重たくなったり、さらに急ブレーキなどをしたら、条件がさらに
低くなって、120kmでも転覆の恐れがあり、条件次第ではもっと
遅くても転覆する恐れがあるという。

今回の事件は不明な点も多いが、ひとつの要因として、組織不良が
絶対にあると思う。電車の遅れによる罰則やプレッシャー、事故や
失敗の原因を探ろうとはせず、責任だけを追い求める文化、
そういったものがあって、さまざまな要因が重なって大惨事になって
しまったのだろうと思う。

それにしても、心が痛む事故である。亡くなられた方の冥福を祈る
とともに、2度とこのような事故がおきないように徹底して、安全対策を
いたるところでしてほしい。


MSN-Mainichi写真

写真(MSN-Mainichi)

1年くらい前からあるが、銀座線 溜池山王→赤坂見附 
のトンネルの壁に、ディスプレイがある。ゾートロープの
原理で見えるディスプレイで、15秒間動画が見えるので、
なかなか面白い。先日は、ルノーのCMがやっていた。

詳しいことは、東京メトロサブメディアジャパンなどに
あり、ITMediaの記事にもなっているので、読むと
仕組みなどがわかる。



筍ご飯

| コメント(0)

たけのこご飯を食べた。春だなと感じる。
「筍」の字を見ると、「旬」に似ているし、旬なもの、
という感じがする。

愛知万博の英語のサイトを見てみた。予約ページに行ってみると、
最近は、ゴールデンウィークの予約期間のためか、予約殺到の
ようで、Webが見ることができない。その際に、

「大変申し訳ありません。
只今サーバにアクセスできない状況になっております。
しばらくたってからもう一度アクセスしてください。」

といったメッセージがでるのだが、ふと考えたら英語サイトである。
日本語を読めない人がこのメッセージを見たら、どう思うだろう?
まったくつながらないな、というのはわかりつつも、メッセージが
わからないために、イメージが良くなくなるのではないか、と
思う。英語サイトなら英語でメッセージを出すべきだろうと
感じた。

愛知万博のページは、つくりが悪いのだか脆弱なのか、
本当に殺到しているのかしらないが、あまり見やすくないし、
どこに情報があるかわかりにくいし、つながりにくいイメージを
持っている。果たしてそんなページでよいのだろうか、と一人
心配しているところだ。

古武術

| コメント(0)

昨日、NHKのテレビ『課外授業 ようこそ先輩
 「二十一世紀武芸帳・呼び起こせ日本人のチカラ」

を見た。古武術で有名な武術家・甲野善紀さんが、
授業を行うというものであった。この番組は、ある人が母校に
行って、子供たちに体験授業をする、という番組であった。

ちょっと見始めたらのめりこんでしまった。古武術には以前から
興味を持って本などを読んでいたのだが、テレビで見ても、
とても面白く、身体の使い方について、さらに興味を持った。
介護などでも役に立つ、ということも考えているのが面白かった。
やはり反響があるらしく、甲野さんのホームページにもその
コメントが書いてあった。

なんば歩きを昔の日本人はしていた。今は、西洋的になっているが、
なんば歩きなどをして、飛脚は すごい人は1日200km走っていた
という。たとえば、いすにちょっと遠くから登るときに、普段の歩き方
(同じ側の手と足が逆の方向)と、手と足を同時に前に出す方法を
やると、後者のほうがやりやすかったりする。

また、座っている人を持ち上げるときに、手を"折れもみじの手"
(中指、薬指の2本を折り曲げ、他の3本を張って伸ばす)を
使って持ち上げると、持ち上げやすい。これは甲野さんが体験
授業中に考案したらしい。この方法を行うと、腕の筋力をつかえなく
するために、体を使うために持ち上げやすくなる。つまり、ある
部分をわざと使えなくするために、もっと簡単に力の出せる動きに
する、というものである。こういう発想がなかなか面白い。

小学生たちは、かわいく、みんな身体的にどう動かせばうまく
いくのか、をトライしている様子がテレビで出ていて、よかった。

古武術はもっと本を読んで学んでみたいものである。野球の桑田選手、
桐朋のバスケットボール部、陸上短距離の末続選手などなど、
古武術を学んで活躍している選手が多い。発想の転換であるし、
身体の使い方である。いろいろ試してみたい。

ソメイヨシノ

| コメント(0)

東京では先週、ソメイヨシノが一斉に咲き、木・金・土と
三日間、最高の美しさを見せていた。桜の白い、淡い、
そして、全部が咲く美しさ。とても趣がある。今週に入って、
雨などが降り、寒くなっているので、もうソメイヨシノの
桜ともお別れである。

今年は、桜を充分に満喫することができて、個人的には
うれしく、満足している。桜の花ははかないものの、
心をソワソワさせてくれ、桜を見ている人の顔がみんな
笑顔になる、という良い花だと思っている。

このソメイヨシノだが、なんでこんなに一斉に咲いて、
一斉に散るのだろうか? なんで桜前線と言って正確に
予測できるのだろうか? ということについて疑問を思った。
植物とは言え、さまざまな個体差があるのではないか、
と思ったのだ。

しかし、ちょっと調べてみて、ソメイヨシノは全部遺伝子が
同じと言うことはわかった。ソメイヨシノは、染井という場所の
植木屋さんが「吉野桜」として売り出したことから始まったそうだ。


オオシマザクラとエドヒガンザクラとの交配種といわれる
ソメイヨシノ(染井吉野)は、江戸末期から明治期に、
染井(現在の豊島区駒込)の植木屋が吉野桜の名で
全国各地に売り出し、のちに染井吉野と名付けたもの
と言われています。[1]

しかも、ソメイヨシノは、交配しないようだ。考えてみると、
サクランボがついていた記憶はないので、種ができない
のではないか、と思っていたら、ほとんど合っていた
ようである。


ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種であり、
学名の種小名の先頭に雑種を意味する×印が記されて
いる。不稔であり、開花しても普通果実はできず、
花が散るとやがて花柄は一斉に落下してしまう。
希に果実が形成されるが、発芽する種子は
ほとんど無いようである。[2]

基本的には接い木で、増えていくらしい。つまり、
すべて同じ遺伝子なので、同じように環境に反応し、
咲いていくみたいだ。

ソメイヨシノは、雑種のため育成が早く花が美しいので
急速に普及したそうで、日本のいたるところにあるようだ。
そのため、桜前線という天気予報ができるくらいになって
いるようである。


ソメイヨシノの命名者は、上野公園にあった博物局の
藤野寄名であるといわれています。
明治33年の「日本園芸会雑誌」に、藤野寄名が
明治18年に植物学会に寄稿した論稿のなかで、
それまでは染井の植木屋のあいだで吉野桜と
呼んでいたが、吉野山のヤマザクラ と紛らわしいので、
染井の地名を冠してソメイヨシノと命名した
と書かれています。[3]

ソメイヨシノの寿命は50年+α程度で、20年目から40年目あたりが
見ごろだそうだ。うまく植えていかないと、常に桜の名所にして
おくのは難しいのかもしれない。

ともかく、ソメイヨシノのなぞが解けて、一斉にこの美しく咲く
ソメイヨシノは遺伝子が一緒で、同じように反応し、お花見を
可能にしているんだ、ということがわかった。とても納得が
行く感じだった。桜景色のきれいさを、心にしまっておきたい。

和名  ソメイヨシノ
英名  Yoshino Cherry
学名  Cerasus X yedoensis
科名  バラ科

このアーカイブについて

このページには、2005年4月以降に書かれたブログ記事のうちessayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはessay: 2005年3月です。

次のアーカイブはessay: 2005年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30