essay: 2003年12月アーカイブ

家族写真

| コメント(0)

年末になり、家族全員が集まった。そこで集合写真を
撮ろう、ということになり、スーツを着て、写真館に行って
写真を撮った。手焼きらしく、写真の画質は期待できそう。
ただ、撮るのが瞬間的だったので、うまく写っているのか、
いいポーズなのかは微妙と思った。

また家族写真などを撮っていきたいと思った。
一つの記念。

赤福

| コメント(0)

株式会社赤福の「赤福」。おいしい。伊勢の名物らしい。
関西地方のお土産。

はも寿司

| コメント(0)

先日、先輩が京都のおみやげとしてひさご寿司の「はも寿司」を
買ってきてくれた。押し寿司で相当おいしい。今度、京都に行ったら
買って食べようと思った。

府中駅伝申込

| コメント(0)

府中駅伝を申し込みに久々に府中市役所へ行った。
府中本町から府中市役所に行き、そして府中駅に抜けた。
府中には伊勢丹なども出来て、だいぶ変わった感じも
するが、昔と同じようなところも混在していて、街が面白かった。

駅伝自体は毎年チームとしては出ていて(個人的には
走らない年もあるが)、恒例の行事と化している。昨年
までも引率をしていたのだが、今年から幹事になって
申し込みもやるようになったわけだ。

昔は試合の申し込みを行うことも多かったが、大学に
入ってから渉外が申し込みをしてくれるので、ほとんど
申し込みをしなくなってしまっており、久々に申し込んだ、
という感じだった。

とりあえず、来年の試合に向けて、練習をしなくっちゃ。

冬至

| コメント(0)

今日は冬至である。冬至は「日短きこと至る(きわまる)」に由来し、
陰がきわまって、この日を境に陽が戻ってくる、復活するなどを
意味し、一陽来復(いちようらいふく)とも言うらしい。運がよくなる
気分もある。

冬至の日には、カボチャやこんにゃくを食べる習慣があるそうだ。
ちょっとWebを調べたら、以下のようなことが書いてあった。

---
カボチャやこんにゃくは輸入品であり珍しい野菜を神に捧げたのが
始まりのようでカボチャを食べると魔除けになり、また中風や風邪に
かからないといわれている。小豆粥は中国の風習からで赤い色は
災厄を祓うといわれている。
---

また、コンニャクは一年間たまった砂を払うものだといわれ、
「トウジ、コンニャク、スナハライ」とも言うらしい。どうも知らない
ことが多いな、と思い、ちょっと調べたら、さらに面白いことが
出てきた。


冬至は一年で一番昼の短い日です。そこで、質問。


「冬至は一年で一番日の出の遅い日か?」


そうではないのです。均時差(目で見た太陽:視太陽と実際の
太陽の位置の違いから生じる時差)があるために、ちょっと
ずれているのです。詳細については、こよみのページ
詳しく書いてありました。


そして、「冬至冬中冬初め」というようにこれからが寒さ本番。
寒くなるので、風邪に気をつけたい。

銀杏食べ

| コメント(0)

昨日の夜、銀杏をたくさん食べた。銀杏をたくさん拾った方々が
いて(以前、すこし手伝ったが)、その拾った銀杏を消費しよう
という企画である。これまでにも銀杏の食べ方を色々試み、
試食会を何度かやっていた。今回は一応、その集大成の
食事会だった。

昨日は、銀杏ご飯(銀杏を入れてご飯を炊く)、銀杏サラダ&
生春巻きで巻いて食べる、銀杏豆腐(豆腐をすりつぶして、
伸ばして銀杏を入れて巻き、蒸す)、銀杏の入った鍋、
銀杏ケーキ(あまり美味しそうじゃなかったので食べず)
といったメニューだった。

銀杏ご飯やサラダ、生春巻きを巻いて食べたり、鍋、
豆腐、ともに美味しかった。ただ、一年分の銀杏を
一食で食べてしまっている気もしたりした。

相当な数の銀杏を消費した感じであるが、実は
まだまだあるらしく、どうするんだろう、と思ったりする。

研究者の情報発信

| コメント(0)

研究者は、税金などを使って研究をしているのだから、その情報発信を
するべき、という話がある。最近は「開かれた大学」などのキャッチコピーで
「見える研究」をしていこう、という流れが出てきている。そのため、
ある意味、公開デモンストレーションも情報発信の一つである。

そして、Web日記やBlogなども情報発信の一つとも言える。
森山和道さん「研究者の方々へ、ウェブ日記のすすめ」などを
読むと、情報発信するのも大切なんだな、と感じる。

少し調べていたら、Wingというのもある。「Wingとは
Writing Investigators Network Groupの略で、ようするに
研究者による情報発信推進圧力団体です。」だとのこと。
何名が賛同しているんだか知らないのだが、研究者が
情報発信していきましょう、という集まりのようである。

最近は、Wikiにしろ、Blogにしろ、いろいろなツールが出てきて
簡単に情報発信できるようになってきているから、この流れは
ますます進むのではないか、と思う。

インフルエンザの予防接種に行ってきた。今年は注射にした。
昨年までは噴霧式にしていた。先生が年配の方で、年配なだけ
あったのか、まったく痛くなく、注射でも一瞬で終わってしまい、
良かった。

値段だが、朝日新聞に1,000円から5,000円と書いてあったが、
ちょうど真ん中の3,000円だった。適正なのか??

ちょっとインフルエンザについて調べてみようと思って検索したら
いっぱい出てきた。ちょっとメモ代わりにリンクをはっておこう。

厚生労働省 今冬のインフルエンザ総合対策について(平成15年度)
     インフルエンザ公式の対策がかかれている。予防ってことだが。。。

厚生労働省インフルエンザ対策キャンペーン ホームページ
     説明用

国立感染症研究所感染症情報センターホームページ インフルエンザ
     公式の情報がたくさんある

日本医師会インフルエンザ総合対策
     医療従事者向けもある

中外製薬株式会社企画のインフルエンザ情報サービス
     流行状況のマップがある

このアーカイブについて

このページには、2003年12月以降に書かれたブログ記事のうちessayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはessay: 2003年11月です。

次のアーカイブはessay: 2004年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30