essayアーカイブ

10年前からやり始めた勉強会が今月で10周年になります。
それで10周年イベントとして、今後の10年を考え、
「10年後の新ビジネスとリーダー」をディスカッションするイベントを
行います。是非、ご参加ください。


■■■――――――――――――――――――――――――――――――■■■
    10年後の未来へ ~あなたが創る新たな社会~
     ~アントレ・ラボ10周年企画 特別記念セミナー~
     http://entre-lab.net/ 2010/8/21(土)開催!
■■■――――――――――――――――――――――――――――――■■■

アントレ・ラボは「世代を超えた知と心の交流」を活動理念に、若手起業家と
ベテラン経営者のマッチングなどを目的として、新しい付加価値を生み出す
気構えを持ったメンバーで活動している勉強会です。2000年8月に活動を
始め、2010年で10周年となります。様々な分野で第一線として活躍されて
いる方を講師としてお呼びし、議論する勉強会を開催しており、次が100回
目となります。今回、10周年特別記念セミナーとして、6名の方をお呼びし、
10年先の新ビジネスとリーダー像について語っていただきます。

是非、ご参加ください。

1.日時:2010年8月21日(土)14:00~17:30 (受付開始13:30) 
※18:00~、懇親会がありますので宜しければご参加下さい。

2.概要:各界の第一人者は10年後の日本社会をどのように見据えているのか。
未来の日本をリードする5人が『10年後の新ビジネスとリーダー』を
  テーマに熱く語る。

※当日の模様はユーストリームで生中継し、ツイッターで会場内外の
   参加者から幅広くご意見・ご質問を受け付けます。 

3.内容

 1)講演 (14:05~)
  『10年先の未来論』 藤井 義彦氏(ガンガー経営研究所 代表)

 2)パネルディスカッション (15:00~)
  『10年後のニュービジネス/リーダー』

  【パネリスト】
  阿部 重夫氏(総合情報誌ザ・ファクタ編集長)
  岡 俊子氏  (アビームM&Aコンサルティング株式会社 代表取締役社長)
  各務 茂夫氏(東京大学教授 産学連携本部事業化推進部長、経営学博士)
  篠塚 正典氏(長野五輪オフィシャルロゴ作成者、
           東京コミュニケーションアート専門学校副校長)
  西村 邦裕氏(東京大学助教 大学院情報理工学系研究科、博士(工学))

  【ファシリテーター】
  佐藤 徳之氏(マーシュブローカージャパン株式会社
             シニア・バイスプレジデント)

 3) アントレ・ラボメンバー懇親会 (18:00~20:00)
アントレ・ラボ アントレ・ラボ10年間の総括報告
         ・今後のビジョン・活動内容発表

4.場所:FORUM8 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル6F         
      http://www.forum-8.co.jp/access/index.html

5.参加費 :基調講演+パネルディスカッション :3,000円 
  アントレ・ラボメンバー懇親会:6,000円
※当日、会場受付にてお支払い下さい。

6.定員:100名 (懇親会:50名)

7.申し込み方法: 下記HPより参加申込フォームで申し込みをしてください。
http://entre-lab.net/entry.html
  ※10周年記念講演・パネルディスカッション
  もしくは、懇親会のみのご参加も可能です。

ご不明な点等ございましたら、以下事務局までお問い合わせ下さい。
アントレ・ラボ運営事務局
 担当:下元・仲津 (メールアドレス:info [at] entre-lab.net )

*********************************************************************

アイオワで、朝、Joggingをしていたら、ウサギやリスにたくさん会った。
周りの人に話を聞いていると、タヌキやシカなどもいるらしい。自然が
豊かでほのぼのとした感じである。何枚か写真をとったので、アップしてみる。

2009_0620Iowa_amnimal1.jpg

2009_0620Iowa_amnimal2.jpg

2009_0620Iowa_amnimal3.jpg

2009_0620Iowa_amnimal4.jpg

2009_0620Iowa_amnimal5.jpg

Iowa State University散歩

| コメント(1)

アメリカのアイオワ州(Ames, Iowa)にある、アイオワ州立大学を散歩した。
ニューヨークのセントラルパークを作った人と同じ人がキャンパスを設計した
そうで、キャンパス内が公園のようになっており、とてもきれいで広大で自然が
豊かなキャンパスだった。
 
2009_0619ISU1.jpg

2009_0619ISU2.jpg

2009_0619ISU3.jpg

2009_0619ISU4.jpg

2009_0619ISU5.jpg

2009_0619ISU6.jpg

Google Earthには、過去の衛星写真(過去といっても、10年くらい前から
であるが)を見ることができる。こういうのを見ていると、都市の開発過程
などを見ることができたりする。さらに昔の写真を見てみたい、と思ってい
たら、goo古地図、というサービスがあった。江戸時代や昭和の初期の航
空写真が写っているわけだ。

時代の変遷がわかり、かつ、昔、どういうところだったのか、というのがとても
よくわかり面白い。特に江戸時代にどの屋敷だったところが現在、どうなって
いるか、なども面白いし、またどういう経緯をたどって、都市計画が起きて
いったかなども垣間見られるのが良い。



Lavalの街並み

| コメント(0)

フランスLaval(ラバル)にいるので、街並みの写真も撮ってみた。

2009_0426laval1.jpg

2009_0426laval2.jpg

2009_0426laval3.jpg

2009_0426laval4.jpg

2009_0426laval5.jpg

2009_0426laval6.jpg

2009_0426laval7.jpg

2009_0426laval8.jpg

2009_0426laval9.jpg

2009_0426laval10.jpg

2009_0426laval11.jpg

Laval VirtualとVR

| コメント(0)

Lavalに一週間ぐらい滞在している。いろいろLavalの街並みなど
見ている。スーパーはカルフールなどがあり、フランスと感じさせる。

Lavalは、小さな地方都市ではあるが、面白い点としては、
VR(バーチャルリアリティ)技術を産業の振興政策として特化している
点であり、VR関係の会社や大学、研究機関などが集まっている。
特に、Laval Virtualというイベントがあり、この中では、企業の展示会の
ようになっており、VR技術の展示が行われている。もちろん、アカデミック
からの参加もあり、さまざまな技術や研究発表、アート作品の発表がされ
ており、面白いイベントとなっている。

日本で言えば、岐阜県みたいな位置づけに近いのではないだろうか。
岐阜県では、以前の梶原知事がVR技術を振興して、IAMASやVRテクノ
センターを作ったような感じに近いような気がする。岐阜よりもこぢんまりと
した街である。ただ、VRなどを通して、地域振興がうまくいっているのでは、
と感じる。以前、行ったリンツは、メディアアートで地域振興をしていたが、
今回のラバルは、VRで地域振興という気がする。

日本のゲームや漫画にも興味を持つ層が一定数はいるようで、本屋には
漫画が売っているし(たくさん)、ゲーム屋さんなどもある。Laval Virtualでは、
技術紹介や製品紹介もあるものの、さらに一般向けにはゲームもあり、
さながらゲームセンターのようなものが紹介されていたりする。マリオカートや
ダンスダンスレボリューションなどもあり、子供たちが遊んでいたりするのが
ほほえましい。

日本語では、VRはバーチャルリアリティであるが、フランス語ではVとRが
逆の順番で、「Realite Virtuelle」と呼んでいる。

フランス Laval

| コメント(1)

フランスのLaval(ラバル)にきている。Lavalはパリから西へTGVで1時間半
くらい行ったところにあって、人口が5万人強のこじんまりしたきれいな街だ。
 
2009_0425laval1.jpg

2009_0425laval2.jpg

2009_0425laval3.jpg

2009_0425laval4.jpg

2009_0425laval5.jpg

2009_0425laval6.jpg

2009_0425laval7.jpg

2009_0425laval8.jpg

iPod Touchでも便利

| コメント(0)

日本において、iPhoneがことのほか便利だと感じていて、iPod Touchは、無線LANがないと不便だとおもっていた。もちろん、その通りなのだが、現在、iPod Touchがとても役にたっている。無線LANが入るところではメールもインターネットもできるし、Skypeなどもいれておけば、チャットぐらいはできる。情報もすぐにとることができるし、ニュースを見たり、ゲームで遊んだり、といろんなことができる。ちょうど海外にいるため、iPhoneだとお金がかかると思い、iPod Touchを持ってきたのだが、とても便利だった。思った以上に使えて、iPod Touchがポケットから手放せない感じである。

特にレストランやカフェなどに行ったときに、ちょろっとネットをみて、メールチェックしたりするのができるのがとてもよい。細かい時間をうまく使えるし、しかも海外で、PCでネットにつなぐのが面倒だったり、有料だったりするときに、カフェなどで無料のネットにさくっとつながってくれて便利だと感じている。

新聞/新s

| コメント(1)

最近、ネットで新聞を読んでいる。紙面が結構好きなのだが、ネットでも
どのくらい読めるか、と思っている。一つ、紙面と同じで読めるのが、
iPhoneアプリケーションの産經新聞である。これは、そのままその日の
新聞記事がiPhoneあるいはiPod Touchで読む事ができて、なかなか
いい。個人的には日経新聞が好きなので、日経もこれができたら、
有料会員でも入ってしまいそうである。
 
既に有名になっているかもしれないが、ネットでは、3紙を比較できる
くらべる一面:新s あらたにす」が便利な気がする。朝日、日経、読売
のトップ記事に比較が、朝刊/夕刊ともにできて、何が話題になって
いるのか、あるいは、何に注目しているのか、というのがわかるように
なっている。同じ記事がトップの事もあるし、日経は経済が中心で、
他は社会的なことがトップの事もある。こう、読み比べられるのは、
ネット的には良いと思う。


寝正月

| コメント(0)

昨年末31日に朝、ジョギングをしていたら体調がとても悪くて、水分が
足りないのかと思っていた。そのまま朝食、昼食を食べたら、二日酔いな
くらいに気持ち悪くなって、結局、そのまま寝て、そのまま新年を迎えて
しまった。今年はそのために寝正月となってしまい、箱根駅伝はみたものの
いろいろな事が遅くなってしまったので、出遅れた感があるお正月だった。
 
ここのところ、年末に年末らしさを感じないまま晦日や大晦日を迎えることが
多かったが、昨年から今年にかけては拍車がかかってしまい、かつ、新年は
寝ていたので、どうも新年らしい気分がしないまま始まってしまった。そして
すでに仕事初めとなり、いろいろと新年が始まった感じである。ただ、寝正月
をしたための効果としては、たくさん寝た、という気分はあって、それは良かった
と思っている。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちessayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはdigitalです。

次のカテゴリはphotoです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31