« フランス Laval | メイン | Lavalの街並み »

2009年4月26日

Laval VirtualとVR

Lavalに一週間ぐらい滞在している。いろいろLavalの街並みなど
見ている。スーパーはカルフールなどがあり、フランスと感じさせる。

Lavalは、小さな地方都市ではあるが、面白い点としては、
VR(バーチャルリアリティ)技術を産業の振興政策として特化している
点であり、VR関係の会社や大学、研究機関などが集まっている。
特に、Laval Virtualというイベントがあり、この中では、企業の展示会の
ようになっており、VR技術の展示が行われている。もちろん、アカデミック
からの参加もあり、さまざまな技術や研究発表、アート作品の発表がされ
ており、面白いイベントとなっている。

日本で言えば、岐阜県みたいな位置づけに近いのではないだろうか。
岐阜県では、以前の梶原知事がVR技術を振興して、IAMASやVRテクノ
センターを作ったような感じに近いような気がする。岐阜よりもこぢんまりと
した街である。ただ、VRなどを通して、地域振興がうまくいっているのでは、
と感じる。以前、行ったリンツは、メディアアートで地域振興をしていたが、
今回のラバルは、VRで地域振興という気がする。

日本のゲームや漫画にも興味を持つ層が一定数はいるようで、本屋には
漫画が売っているし(たくさん)、ゲーム屋さんなどもある。Laval Virtualでは、
技術紹介や製品紹介もあるものの、さらに一般向けにはゲームもあり、
さながらゲームセンターのようなものが紹介されていたりする。マリオカートや
ダンスダンスレボリューションなどもあり、子供たちが遊んでいたりするのが
ほほえましい。

日本語では、VRはバーチャルリアリティであるが、フランス語ではVとRが
逆の順番で、「Realite Virtuelle」と呼んでいる。

投稿者 kuni : 2009年4月26日 17:02

コメント

コメントしてください




保存しますか?