« 2009年1月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月26日

Lavalの街並み

フランスLaval(ラバル)にいるので、街並みの写真も撮ってみた。

2009_0426laval1.jpg

2009_0426laval2.jpg

2009_0426laval3.jpg

2009_0426laval4.jpg

2009_0426laval5.jpg

2009_0426laval6.jpg

2009_0426laval7.jpg

2009_0426laval8.jpg

2009_0426laval9.jpg

2009_0426laval10.jpg

2009_0426laval11.jpg

投稿者 kuni : 17:12 | コメント (0)

Laval VirtualとVR

Lavalに一週間ぐらい滞在している。いろいろLavalの街並みなど
見ている。スーパーはカルフールなどがあり、フランスと感じさせる。

Lavalは、小さな地方都市ではあるが、面白い点としては、
VR(バーチャルリアリティ)技術を産業の振興政策として特化している
点であり、VR関係の会社や大学、研究機関などが集まっている。
特に、Laval Virtualというイベントがあり、この中では、企業の展示会の
ようになっており、VR技術の展示が行われている。もちろん、アカデミック
からの参加もあり、さまざまな技術や研究発表、アート作品の発表がされ
ており、面白いイベントとなっている。

日本で言えば、岐阜県みたいな位置づけに近いのではないだろうか。
岐阜県では、以前の梶原知事がVR技術を振興して、IAMASやVRテクノ
センターを作ったような感じに近いような気がする。岐阜よりもこぢんまりと
した街である。ただ、VRなどを通して、地域振興がうまくいっているのでは、
と感じる。以前、行ったリンツは、メディアアートで地域振興をしていたが、
今回のラバルは、VRで地域振興という気がする。

日本のゲームや漫画にも興味を持つ層が一定数はいるようで、本屋には
漫画が売っているし(たくさん)、ゲーム屋さんなどもある。Laval Virtualでは、
技術紹介や製品紹介もあるものの、さらに一般向けにはゲームもあり、
さながらゲームセンターのようなものが紹介されていたりする。マリオカートや
ダンスダンスレボリューションなどもあり、子供たちが遊んでいたりするのが
ほほえましい。

日本語では、VRはバーチャルリアリティであるが、フランス語ではVとRが
逆の順番で、「Realite Virtuelle」と呼んでいる。

投稿者 kuni : 17:02 | コメント (0)

2009年4月25日

フランス Laval

フランスのLaval(ラバル)にきている。Lavalはパリから西へTGVで1時間半
くらい行ったところにあって、人口が5万人強のこじんまりしたきれいな街だ。
 
2009_0425laval1.jpg

2009_0425laval2.jpg

2009_0425laval3.jpg

2009_0425laval4.jpg

2009_0425laval5.jpg

2009_0425laval6.jpg

2009_0425laval7.jpg

2009_0425laval8.jpg

投稿者 kuni : 21:43 | コメント (1)

2009年4月21日

iPod Touchでも便利

日本において、iPhoneがことのほか便利だと感じていて、iPod Touchは、無線LANがないと不便だとおもっていた。もちろん、その通りなのだが、現在、iPod Touchがとても役にたっている。無線LANが入るところではメールもインターネットもできるし、Skypeなどもいれておけば、チャットぐらいはできる。情報もすぐにとることができるし、ニュースを見たり、ゲームで遊んだり、といろんなことができる。ちょうど海外にいるため、iPhoneだとお金がかかると思い、iPod Touchを持ってきたのだが、とても便利だった。思った以上に使えて、iPod Touchがポケットから手放せない感じである。

特にレストランやカフェなどに行ったときに、ちょろっとネットをみて、メールチェックしたりするのができるのがとてもよい。細かい時間をうまく使えるし、しかも海外で、PCでネットにつなぐのが面倒だったり、有料だったりするときに、カフェなどで無料のネットにさくっとつながってくれて便利だと感じている。

投稿者 kuni : 22:05 | コメント (0)