2009年1月アーカイブ

新聞/新s

| コメント(1)

最近、ネットで新聞を読んでいる。紙面が結構好きなのだが、ネットでも
どのくらい読めるか、と思っている。一つ、紙面と同じで読めるのが、
iPhoneアプリケーションの産經新聞である。これは、そのままその日の
新聞記事がiPhoneあるいはiPod Touchで読む事ができて、なかなか
いい。個人的には日経新聞が好きなので、日経もこれができたら、
有料会員でも入ってしまいそうである。
 
既に有名になっているかもしれないが、ネットでは、3紙を比較できる
くらべる一面:新s あらたにす」が便利な気がする。朝日、日経、読売
のトップ記事に比較が、朝刊/夕刊ともにできて、何が話題になって
いるのか、あるいは、何に注目しているのか、というのがわかるように
なっている。同じ記事がトップの事もあるし、日経は経済が中心で、
他は社会的なことがトップの事もある。こう、読み比べられるのは、
ネット的には良いと思う。


ゲーセン:戦場の絆

| コメント(0)

先日、ゲームセンターに行って、「機動戦士ガンダム 戦場の絆」をやった。
ゲーセンは結構、久々である。このゲームは、コクピットみたいなゲーム機の
中に入って、両手両足を使ってモビルスーツを操って戦うゲームである。
中での操縦は、パワーショベルみたいな感じである。前面は、半ドーム型の
スクリーンで、頭の上に魚眼レンズを載せたプロジェクタが置いてあり、
それで投影している。
 
やった感想は、解像度が少し低いのが不満であったが、視野角は大きいし、
操作も面白いので、結構、やりがいのあるゲームであった。自分で操縦して
いる感覚が得られるのはなかなか良い。最近、大型ディスプレイも安くなり、
PS3などで自宅でも没入感の高いゲームが可能となっているものの、ここまで
操縦席を作れば、ゲームセンターでやる価値がでてくるゲームだと思う。
ゲームセンターとしてはやはり体感型、操縦型あるいは、複数人数で一緒に
体験する型だと価値が高いのでは、と感じた。
 
実際、ゲームをやろうとしたら、でてきてすぐに並んで、というか形でぐるぐる
まわってやっている人が多く、驚いた。ゲームの値段は、そこらのゲームよりも
高くて、2ゲームで500円、かつ、最初にカード発行300円かかるので、そうそう
安い訳でもない。ただ、500円で15分からうまい人だとたぶん30分ぐらい遊べ
るので、単価としてはもしかしたらそんなに高くないのかもしれない。

たまたまドイトに行った。そうすると、店内で、お客様お持ち帰り専用車を60分は
無料で借りる事が可能である旨の放送が流れていた。よく聞くと、無料で車を
借りて、商品を持って買えるのに利用できるとのことだ。これは良い、とばかりに、
大きい物が買いたかったので、それを買って、車を借りて、荷物を運んだ。
こういったサービスはとても便利だと思う。これがなかった場合、台車か、荷物を
載せる小さな車輪つき引っ張る物を買おうかと思っていたのだが、車で簡単に
運ぶ事ができた。車は、業務用のくるまで、荷物も載せやすいし、普通の日本車
なので運転は普通にできるので、やりやすかった。配送サービスも良いが、こう
いうセルフなサービスも良いと感じた。

銀行での現金振込

| コメント(0)

銀行での現金振込が、振込詐欺対策等で相当、面倒ということが
わかった。10万円以上振り込みたいと思ったのだが、考えてみれば、
ATMでは10万円までしか振り込む事ができない。しかも、現金振込
を取り扱っていないATMもあり、基本的には窓口しかあいていないわ
けだ。しかも、窓口は9時〜15時の平日のみ(月曜から金曜のみ)と
いうほとんど行く事ができない時間のみしかあいていない。サービス
を考えると良いとは言えないと思う。
 
手数料を考えると、振込先の銀行に行きたいと思う。そうすると、数も
少ない上、先日はたまたま通ったが15時を少しすぎていて、既に窓口
はしまっていて、振り込む事ができなかった。もちろん、インターネットで
振り込むことも可能であるが、自分の口座に一度お金をいれないといけ
なくなるし、そのまま普通に振り込みたいのに、面倒である。振込に行く
チャンスを考えるだけでも、あまりない。10万円以上のものは取り扱うと
面倒なことになるだけだと、わかった。 

寝正月

| コメント(0)

昨年末31日に朝、ジョギングをしていたら体調がとても悪くて、水分が
足りないのかと思っていた。そのまま朝食、昼食を食べたら、二日酔いな
くらいに気持ち悪くなって、結局、そのまま寝て、そのまま新年を迎えて
しまった。今年はそのために寝正月となってしまい、箱根駅伝はみたものの
いろいろな事が遅くなってしまったので、出遅れた感があるお正月だった。
 
ここのところ、年末に年末らしさを感じないまま晦日や大晦日を迎えることが
多かったが、昨年から今年にかけては拍車がかかってしまい、かつ、新年は
寝ていたので、どうも新年らしい気分がしないまま始まってしまった。そして
すでに仕事初めとなり、いろいろと新年が始まった感じである。ただ、寝正月
をしたための効果としては、たくさん寝た、という気分はあって、それは良かった
と思っている。

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30