« TGVと新幹線 | メイン | ノーベル化学賞も。 »

2008年10月 7日

ノーベル物理学賞 日本人から3名

今夜、ノーベル物理学賞に、日本人3名の研究者が選ばれた。素晴らしいニュースである。
米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎さん、高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所
元所長の小林誠さん、京都大名誉教授の益川敏英さんである。ともに素粒子の研究者であり、
ノーベル賞を期待されていた研究者の方々だった。小林・益川理論によって、クォークが
6種類あることを予言しており、以前から研究の中身は知らなかったものの、名前だけは
よく聞いたことがあった。南部さんの「対称性の自発的な破れ」についても詳細はしらない
ものの、聞いたことがあったような気がする。
 
今回のノーベル賞を考えると、湯川さんから続く、日本の理論物理、素粒子物理学の歴史が
よく評価されているように感じる。しかも3名一度、となると、素粒子物理学の基礎は
日本が大きな役割を果たしたと言えるのだろうと感じた。テレビでインタビューを聞いていると、
以前の仕事が評価されて、ノーベル賞になるのは戸惑う、という言葉と、科学者としては
理論が実験で証明されたときの方がうれしい、という言葉は、なるほどな、と感じた。
もちろん、ノーベル賞はうれしいに違いないが、過去の仕事が、現代にも影響を与え、
それが実験でも証明され、それが評価されたとなると、時間もたっているし、きちんと
仕事していてよかったと、感じているのではないか、と想像したりしていた。
 
ともかく、日本の科学界に取ってはGood Newsである。

投稿者 kuni : 2008年10月 7日 22:23

コメント

コメントしてください




保存しますか?