2008年4月アーカイブ

最近、Suicaの残高の減るペースが早くなったと感じた。いろいろ
電車に乗ったりして移動しているからだろうと思いつつも、通常
よりも減るので、少しずつ変だな、と思い始めていた。実は、
結構、Suicaにお金を入れていて、チャージしなくてもすむので、
気にせずに電車に乗っていたのだが、ふと昨日気がついた。
 
「定期が切れていた」
ということだ。一週間くらい定期が切れているのに気がつかず、
そのまま利用していた訳だ。道理で残高が減る訳である。
以前は、定期が切れていたら、昔なら駅員さん、最近なら
自動改札に入れなくなるところだったが、Suicaの場合、
お金が入っていれば気がつかなくても大丈夫である。
もちろん、定期が切れるまでは2週間くらい前から日付の
提示があったような気がするが、切れてしまうと、そんな
ものは出ないため、結局、定期が切れる前に気がつかないと
意味がないわけだ。ともかく、1週間くらいで定期が切れた
のが気がついた訳だが、お金の切れ目まで気がつかなかった
かもしれない。オートチャージにしたら、さらに気がつかない
かもしれない。そう考えるとPiTaPaのように、利用回数に
応じて、自動的に値段がかわる(値引きされる)仕組みが
消費者サイドの目から考えると欲しい。

Meet-me

| コメント(0)

先日正式オープンした仮想都市Meet-meを体験してみた。
正式オープンした日に体験したために、最初、なぜか
住民登録に失敗したり、動けなかったりしたが、アカウント
を作り直したら、きちんと動けるようになった。しかし、
すぐにメンテナンス作業に入ってしまって、ログインできなく
なったりした。最初だからしょうがないものの、メンテナンスを
待っていろいろ体験してみた。
 
セカンドライフの日本版といわれ、渋谷など、実世界が
ある仮想都市というふれこみだったので、有名場所をうろうろ
してみよう、と思い、いろいろ行ってみた。

まず初め、よく分からなかったのだが、自分の自宅がある。
そこから歩いて(走って)、いろいろな場所にいく。バスには
乗ることが出来るのだが、電車には、駅のチケットを登録すると
その駅が利用できるようになる。そのため、最初は走り回るか
バスで移動して、駅を登録すると、色々な場所に移動できるように
なっていた。
 
最初、駅がわからず、であった。これは、駅舎のCGがなく、
改札しかないため、どこが駅か全く分からなかったためである。
バスはバス停があるため、こちらのほうがわかりやすい。
 
最寄り駅にバスで行き、そこから新宿へはデフォルトの設定で
いけたので、新宿に行った。そのあと、バスで渋谷に移動し、
109などを見たのだが、人はいないし、ちんどんやがいるだけで、
あまり渋谷らしさのない渋谷の都市になっていた。桜が咲いて
花びらが落ちていたのだけは良かったものの、実世界のコピー
というイメージを持っていたので、いまいちであった。
 
そこから六本木、そして、秋葉原などと移動したのだが、
あまり建物が多くなく、秋葉原のあたりも充実していないため
面白い感じではなかった。道路や建物は自動生成しているのか、
と思ったり、手作業なのかな、と疑問に思ったりしつつ、
中をみていた感じであった。

さらにいろいろあるいたものの、個人的によく知っている場所は
ほとんどCGが作られておらず、何も見ることができない感じで
あった。また、竹芝桟橋にいけば釣りが出来るため、人がいたもの
の、ほとんどの場所は無人であり、最初はまだまだだ、と感じて
しまった。

東京駅や六本木ヒルズの蜘蛛のパブリックアートなどは
きれいに作っている感じではあった。また、昼間と夜で
景色が変わるのもわかった。

もちろん、チャットが出来たり、体を動かすことができたり、
いろいろな機能があって、可能性はあると感じた。ただ、最初、
何をすればよいのか、という目的もないし、うろうろ歩いてみる、
以外のことがあまりわからなかったために、そこまで楽しむことは
できなかった。

トヨタも都市をつくるらしいので、これから充実していくの
だろうと思う。

写真は、東京駅、渋谷ハチ公、六本木ヒルズである。





TAKEO PAPER SHOW 2008

| コメント(0)

TAKEO PAPER SHOW 2008を見てきた。各お店とのコラボレーションで
様々な紙を利用した箱やノート、消しゴム入れ、ペン入れなどを並べて
あり、ショーとなっていた。平日に行ったものの、人がだいぶ入っており、
並んでみる、という感じであった。

TAKEO PAPER SHOWで感じたのは、同じ「紙」といっても、いろいろある
ということ。ある意味、触覚と結びついている「紙」と感じる。よく見ると、
細かい違いがあったり、触った感覚が違ったり、と面白い。布のように
見える紙やゴムのような紙、ぬれている感じがする紙、マジックテープ
のような紙、といろいろある。日々、紙は普通にあるように感じるものの、
よく見ると違うのだな、という発見をする。しかも、これまで何かにはって
ある「紙」が、実は「紙」と認識していなかったこともありうる、と思って
しまうほど、様々な紙があった。金色を入れる紙だと、色がもっとかわり
光による変化も楽しめたりする。その当たりが紙を見るのは面白いと
思う。

マリオカートWii

| コメント(0)

電車の中でよく宣伝をしているマリオカートWiiをやった。
結構、面白い。ハンドルがついていて、Wiiリモコンを中に
いれて遊ぶゲームなのだが、ちょっと難しくて、直感的で
楽しいゲームだった。
 
特にジャンプするときに、ハンドルをはねさせると、
キャラクターが宙返りして加速できたりするところが
面白かった。真剣にやらないとコースアウトしたり
する上、普通のジョイスティックとは違う感覚で
ゲームを楽しむことができてよい。個人的には、
ハンドルの方がうまく操作できる気がした。
 

春眠

| コメント(0)

最近、眠い。「春眠暁を覚えず」というが、まさにその通りな感じになって
しまっている。ここのところ、締め切りに追われて夜な夜ながんばって、
その次の日もそのままワークしてしまうと、その次の日くらいから
起きれなくなって、困ったな、と思う。そのうちに、また追われて、
がんばってしまって、というのを繰り返してしまった。

そこで、もう少し、追われないように早め早めにやろう、と今日は
思って行動した。しかし、月末の締め切りと思ったのが2週間前倒し、
と書いてあることに気がついて(メールを最後まできちんと読ま
なかったのがいけないのですが)、早め早めのつもりがギリギリだったり
と、世の中、そうそう簡単にはいかない、と実感してしまった。

なるべく早めに、できることはその場で処理して後に残さないように、
なるべくオーバーフローしないで、処理していけるようにして、きちんと
時間と作っていきたいと感じる。

道路清掃

| コメント(0)

「道路っていつ掃除をしているんだろうか」
とふと思ったりする。しかも、
「誰が掃除しているんだろう」
と疑問に思ったりすることがある。風がきれいにしてくれて
いる、などと考えられたりもするものの、やはり自治体が担当
しているんだろう、と思う。
 
以前、友人と話していて、「道路、清掃車を見かける」と言った
時に疑問をもたれてしまったりしたことがあった。夜、終電などで
帰ると、よく道路を清掃している車を見かける。ただ、夜なので、
写真をきれいに撮れなかったりして、あまりきちんと証明できない、
と感じてしまった。水をまいている車と、くるくる回転するブラシの
ついている車が走っている。

先日も、また清掃車を見かけたので、ちょっとネットで調べてみた。
そうしたら、
東京都清掃局 道路清掃作業(23区内)
というのがあった。やはり自治体が担当していて、かつ、散水車と
路面清掃車があるそうだ。日々、何気なく利用している道路は、
やはり誰かの清掃によって保たれていたのだ、と再度感じる。

映画「パプリカ」

| コメント(2)

今日は映画「パプリカ」を見た。第63回ヴェネチア国際映画祭の
コンペティション部門へ正式出品されたアニメ映画である。
面白い映画で、なかなか示唆に富むないようであり、かつ、アニメ
としても、いろいろこっている感じがした。
 

 
映画の内容は、夢を共有することのできるDCミニという装置から始まる。
その装置が盗まれ、いろいろなことが起きるわけだ。夢や妄想などが、
共有され、重なり合っていく。夢の世界の中に夢の世界があり、他人の
夢の中に入ったり重なったり、登場人物になっていったりする。どこまでが
夢で現実なのかがわからなくなってしまう感じである。

夢を見るのを再生する、という部分は、先日やっていた日テレのアニメ
「秘密(トップ・シークレット)~The Revelation~」に出てきたMRI捜査
を思い出してしまった。これは、殺人などの事件が起きたときに、被害者
の脳を再生して最後の映像を見て、犯人を検挙する、という話であった。
そういう脳や夢を他人が見たりする、というのが話としては結構でてきて
いるな、と感じる。

このパプリカも、夢の中にジャックインして、物事を解決しようとして
いる。これも、攻殻機動隊や映画「MATRIX」を思い出す。そして、
この中で描かれていたパレードは、映画「イノセンス」を思い出して
しまった。

映画としては面白く、夢のまた夢、という感じで、だんだんよくわからない
気分になってくるものの、楽しめる。絵も、パレード等は不思議な感覚を
見せている。夢か現実か、どこまで夢か、そして、夢の登場人物は、
現実の世界の人であったりするし、ふわふわした感じになってくる。
そういう感覚が見ていて感じる映画だった。

桜の写真

| コメント(0)

今年も桜の写真をちょっと撮ってみた。毎年Blogにあげているかと
思っていたのだが、そうでもなかったので、今年はアップしてみる。
 























桜並木のジョギング

| コメント(2)

今日は、久々にミーティングなどの外の用事がなかったので、
桜並木をジョギングした。ちょっと葉桜になりかけていたけれども、
桜の花びらがパラパラ落ちてくる中でのジョギングは気持ちがよい。
春の清々しい若緑は、とてもエネルギッシュで、新鮮な空気をもた
らせてくれて、うれしい感じである。

桜を眺めながら、どんどん前に進んで走っていくのは、一年の限られた
ときしかできないので、こういった感覚を大切にしたいと思っている。

今年は、きちんとした生活に取り戻したいな、と思いながら、
なるべく体力を取り戻そう、と思っているところである。3月は、
まずまず運動できたので、4月は順調に増やしていきたい。

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30