2007年9月アーカイブ

福岡・中洲

| コメント(1)

猛暑の福岡で、夜、中洲に行った。やはり以前に来たときと変わらず、にぎわっている。
 
 

 
 

 

九州国立博物館

| コメント(0)

九州国立博物館に行ってきた。特徴としては、
1.免震・耐震について最新の装置を使って設計していること、
2.館内で修復装置などが完備され、修復作業も行っていること、
3.東京、京都、奈良についで4つめの一番新しい国立博物館であること
であろう。
 
中は結構、広く、時間がなく全ての展示品をじっくり見にいくことができなかったため、
今度、ゆっくり見て回りたいと思う。免震・耐震装置や修復については、バックヤードを
見せていただいたが、最新の装置を導入し、展示する前に修復することや、近くの
博物館の展示品を修復などしているそうだ。
 
場所が太宰府にあるので、観光としては、太宰府と一緒にまわると良いだろうと
思う。ただ、ちょっと駅から遠いのと、福岡からも太宰府が遠いので、交通の便は
いまいちな気もする。
 
建物も特徴的であったので、写真を載せる。
 
  

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 


筥崎宮 放生会

| コメント(0)

筥崎宮(はこざきぐう) 放生会(ほうじょうや)に少しだけ行ってきた。博多三大祭りの一つで
あり、祭り期間中は参道一帯に700もの露天が立ち並び、百万を数える参拝者でにぎわう
九州随一の秋祭りとのことだ。たまたま猛暑の福岡にいたので、少しばかり除いてきた。
 
やはり出店もものすごく多く、食事ができそうな感じの露天も多い。席まで用意している露天が
たくさんあり、お祭りの感じである。さらに驚いたのが、お化け屋敷があったり、ひよこあげ
(ひよこをつる、というもの)、見世物があるなど、昔ながらのものがある点だ。そして、
カブトムシ(ヘラクレスがいた・・・)や古い遊具があったり、昔ながらの屋台がでていて、
懐かしい感じでもありつつ、これだけ伝統(?)を引き継いでいるのは、すごいことだと実感
してしまった。子どもの頃にあったお祭りが集結している感じがするお祭りであった。
 
 

 
 

 
 

 
 

 

漫画喫茶で仕事

| コメント(0)

現在、福岡に来ているのだが、失敗したことに、ホテルでネットが使えないため
何かと苦労している。ネットが使えるような表示だが、NTTフレッツ西日本の契約者
のみ利用できるとのこと。ちょっと不便である。ホテル自体は昭和40年代のレトロ
な感じを残しており、ぼろいがタイムスリップした感があるので、まあ、経験としては
よいかもしれないと思っている。

しかし、ネットにつなげられないのは、やはり何かと不便であり、起きている時間の
大半を光ファイバーで毎日つないでいるため、ネットがないとき、かつ、やることが
多いときには不便である。

そこで、現在は、漫画喫茶に来ている。やはり時間課金であることと、そんなに
いる時間がないこと(終電もあるし)、を考えると、もしかしたら、効率が良い気が
する。短い時間に、数多くのタスクをこなそうとし、メール処理などして、必然的に
優先順位付けされ、必要なことしかやらなくなるためだ。もちろん、漫画喫茶だと、
振り返れば漫画やDVD、雑誌などがあり、誘惑も多いものの、結構、作業がはか
どる可能性もある、と感じている。


Seuol National Universityに用事があり、行ってきた。山の中にある感じで、
結構、広い。車で移動しないといけないくらいの大きさで、アメリカの大学の
ようであった。都心部にある大学はそんなに大きそうでもない感じだが、
少し郊外にあったために大きい感じであった。

タクシーで回ったのだが、少し運転があらい感じである。北京よりかは優しい
運転ではあるが、日本よりかは粗い運転だった。ソウルから離れるとそうでも
ないそうで、ソウルの人は急いでいる人が多いからかも、とのことだった。
また、タクシーが初乗り1900ウォンで、結構、高い気もするが、日本円に
直すと250円程度なので、実は安い。

ウォンの数値が大きいため、結構、大きくなる気がして、散在している気分
になる。1万ウォンと言われると、1300円程度だが、それでも1万円分、
使っているかも、と思ってしまったりして、変な気分であった。

初Seoul

| コメント(0)

初めて韓国に来た。文字が全く読めない以外はほとんど日本と同じ感じである。
セブンイレブンやファミリーマートもあり、日本語の商品もある。道路が右側通行
などが異なるものの、結構、安全そうで、日本と変わらないな、というのが印象
である。ロッテ百貨店などを少し通った感じでも、日本のデパートと同じ印象を
受けた。

地下鉄に乗ったときの印象としては、日本と異なる点として、
・着信音が鳴る
・地下鉄でも通話ができるため、車内でずっと話している人がいる
であり、同じ点として
・テレビを見ている人がいる(東京でワンセグを見るより下手をしたら多い)
・ケータイを手にしている人が多い(東京より若干少なめか)
が上げられる。

やはり最大の違いは言語だろう。見える言語が結構、異なる。韓国語を
きちんと勉強していかなかったのがいけないのだが、ほとんどパターン
マッチングをしている、という具合である。もう一つの違いは、ウォンが
やはり数が大きいという点である。1000ウォン=130円くらいであり、
すぐに、10000ウォンなどとなる。

最後に、羽田空港から飛んだためもあり、すぐに到着するので、あまり
海外の感じがせず、日本と同じ気分でいられるところが多い。

9月12日より14日、東京国際フォーラムでイノベーション・ジャパン2007が
開催されています。個人的にも出展しておりますので、もしいらっしゃる予定の
ある方がおりましたら、会場の右奥の方にブースがありますので、どうぞ。
http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/
http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/special_award/index.html

終電が止まる(続)

| コメント(0)

結局、2時間以上電車に乗り、やっと降りた。東京から京都に行ける
くらいである。駅を降りたら、驚きの表情で、駅前のお巡りさんに
声をかけられた。終電が終わって、すごく時間がたっているのに
駅から人がたくさんでてきて驚いた、とのこと。電車の遅れなどは
110番がなかったそうで(そうかもしれない)、様子がわからなかった
そうだ。夜の街のパトロールなどを考えると、公共の交通機関の
情報とは連携した方がよいのでは、と感じた。

テレプレゼン

| コメント(0)

たまにテレビ電話やスカイプを通じて、遠隔地と繋ぐことがある。
そのなかで、遠隔地の教室などの会場に対して、話をすることがある。
テレミーティングならぬテレプレゼンである。

今日もテレプレゼンをやる機会があった。通信はFOMAで、スカイプ
経由でテレプレゼンを行った。そこで感じた反省点を少し書く。

一つは会場の雰囲気がほとんど伝わってこない点である。できれば、
二回線を使って、雰囲気を伝えられる仕組みを用意しておくとよい。
会場が笑ったり、反応が見えなかったときの対応がしやすくなる。
また自分の映像がどう見えるかがわかる。

二つ目に、逆に、自分のいる場所の情報が相手には伝わらない、
ということである。自分が現在どこにいて、どういう状況なのか、
について、きちんと話す必要がある。この点が反省点である。
考えてみるに、テレビのリポーターは現在、どこにいるか、について
最初にきちんと話している。次回はその気分でやってみよう、と思う。

三つ目は、カツゼツ良く、ゆっくり話すこと。この方が伝わりやすいだろう。

四つ目は、話す対象を目の前に置いておくことだ。今日もいくつか
紹介するつもりでいたものの、一つが少し奥まったところにあり、
テレプレゼンのときに忘れてしまった。やはり人の短期記憶だと
瞬間的に忘れてしまう。

いくつか反省点を挙げたが、基本的には、遠隔地と生でつなぐと、
ハプニングなども含めてリアリティが高く、面白い。次にテレプレゼンを
やるときは上記のことを気をつけてやろうと思う。

ブログを書くとき

| コメント(0)

ブログを書くのはどんなときだろうか。個人的な分析をしてみた。
 
・時間的余裕があるとき
・何か書きたいイベントがあったとき
・いろんな人に伝えたい印象や思いが生まれたとき
・現実逃避したいとき
 
などたろう。ちなみに今は無駄に電車が動かず、書く時間がうまれた。

ここのところ、あまり時間的余裕がなく、書き込みができなかった。
しかし、何かしらの情報発信をすることで、もしかしたら何らかの
可能性につながるかもしれないと思うと忙しくとも書くのもあり
かもしれない。

さらに考えるに、数百万、数千万のブログがあることを考えると、
自分あるいはそのまわりの人に意味のある(あるいは役に立つ)内容、
または検索などで誰かが見たときに役に立つ内容などがよいか、
とも思ったりする。はてななどの人気エントリーは同時代性があったり、
プログラムを書く上で役に立ったり、単純に面白かったり、する。

とは考えてみるものの、単なる自己満足にすぎなかったり、
単なるビット列の組み合わせをたくさん生成しているだけなのかも
しれない。情報空間やグーグルのインデックスの中での悪あがきで
情報爆発に貢献しているだけかもしれない。ふとそんなことを考えてみた。

終電が止まる

| コメント(0)

信号機故障で終電が止まった。しかも、遅々とだけ動く。
まだ電車の中で、20分くらいの距離を最早90分くらいかかっている。
良くないことに金曜日の夜のため、酔っぱらっている人や苛立って
いる人が多い。酔っぱらっていると、きちんと立っていられなかったり、
気持ちが悪くなって戻したりするのでたちが悪い。

先程までは身動きが全く取れないほどで、誰か圧力で潰れてしまう
のでは、と思うほどだった。駅で気分が悪くなって、座りこんでいる
人も数多くいた。

昨日の台風で電車が遅れていたのは許せるものの、信号機故障が
復活しないために、手動の安全確認のため、一駅で異常に時間がかかる。

早くバックアップの仕組みを入れて、復旧スピードを上げてもらいたい。終電だと代替経路もなく、どうしようもない。

現在、一時間半遅れとのこと。手に負えない。
電車の中からのボヤキでした。

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30