2007年6月アーカイブ

JR東海道新幹線。関西に行くときに乗るが、パーサーのお仕事については、
詳しく知らなかった。グリーン車にのると、おしぼりをくれたりする(東北新幹線
だと、お茶かコーヒーをくれたりするので、サービスが良いかも、と思ったり。。。)。
またワゴンが何回か通ったりしている。そういう方をパーサーと呼ぶ。
 
パーサーは、何人ぐらいワゴンを押しているんだろう、や、一日、何往復
くらいするのだろうか、や、どう売っているのかな、と疑問に思ったりしていた。
また、パーサーで、売り上げが何倍か違う人がいるらしく、しかも、ワゴンへの
乗せ方の違いだけで売り上げ1番になっている、といううわさだけは聞いていて
(天声人語に載っていたのを、おそらく読んだのだと思う)、本屋さんに平積み
されているのを見て、思わず買って読んでしまった。まだ23才の著者の初々しい本。
 
天声人語 http://www.jcfl.ac.jp/campustopics/topic32.htm

アルバイト採用から正社員になり、いろいろ自分なりに工夫して、習ったことを
実践して、パーサーとして一生懸命、仕事をしていったら、成績一番で、3倍の
売り上げを上げていく話が書かれている。等身大の話でとても良い。
お客様とのアイコンタクトや、何を望んでいるのか、などを考えて、ワゴン販売、
トレイ販売をしていく。一日一往復から一往復半。そのなかでチームで、仕事を
していく様子が描かれている。

意外と雑学多くて面白い。パーサーは、のぞみ5名、ひかり3名、こだま2名。
車掌資格を持ったパーサーがグリーン車の改札業務も行ったりする。
ワゴンには50種類の商品があって、4つの時間帯にわけて、載っている物が
違うそうだ。そして、A車ワゴン(1~7号車を回るワゴン)担当の場合、東京と
新大阪の間で、ワゴンを3往復するそうで、距離にして1km以上。その他、
のぞみ3号などを3Aと呼ぶといった雑学などが盛りだくさんで、裏側を知る
感じでなかなか面白かった。

300円のコーヒーはマニュアルが6ページあるほどで、きちんと入れている
コーヒーとのこと。今度、載るときは、それを思って味わってみようと思う。

参考になる点として、「接客の五S」
・Study 自学・自習
・Sincerity 誠実
・Smile 笑顔
・Speedy 迅速
・Smartness 機転が利く
というのがあるそうだ。
 
さらに「接客にあたっての五A」というのがあり、
・アタマニクルナ
・アワテルナ
・アセルナ
・アキラメルナ
・アテニスルナ
というものだそうだ。
 
その他、アイコンタクトや、仕事を考えて、お客様本位で行っているために、
よく売れるんだろう、ということがにじみ出てくる話が書いてあり、真摯に仕事に
立ち向かう姿が垣間見えて良いな、と思う。
 
外にもパーサーの服装の厳しさ、言葉遣いなどもかかれていて、少しパーサーの
仕事が身近になった気がする。

ちょっと調べていたら、山形新幹線にも斎藤泉さんという4倍売り上げる方がいる
そうだ。なんか、アプローチは似ている感じがする。
http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/10/post_7417.html
http://www.satonao.com/archives/2006/08/post_1726.html

ともかく、次の新幹線に乗るときにはとても関心をもってパーサーの仕事ぶりを
眺めてしまいそうな気分になる本だった。


新幹線ガール
新幹線ガール
徳渕 真利子
メディアファクトリー 2007-03

小学校の友達のピアノ・リサイタルに行ってきた。プライベートコンサートみたいな
感じで、コンサートホールではなくJazz レストランで開催したリサイタルだった。
人数がそんなに多くなかったのと、早めに行ったので、一番前の席で聴くことが
できて、とても良かった。やはり近くで聴くと臨場感がだいぶ違ってすごく良い。

小学校のとき、ピアノを弾いているのは見ていたものの、努力と才能、あとは、
選択肢の違いによって、こんなに変わるんだな、と思って聴いていた。小学校
のときに向いている方向の少し違いが、年月をたつと、どんどん大きな違いに
広がっていって、本当にピアニストになっていくんだな、とすごいな、と思って
聴いていた。小学校の同級生の人たちは、それぞれみんな違う方向を向いて
いるので、今、会うと、いろんな世界にいっている。そういう意味では面白いな、
と思う。

ピアノは、技巧的にも良く弾けるな、と感心し、こんなに指が動くんだ、と見ながら
思ったり(ピアニストを見ると、いつも思う)しつつ、感情のこもった曲を聴くことが
できて良かった。今回は、曲の説明をしながら弾いてくれたので(本人は初めて
だそうだが)、曲の背景がなんとなくわかったり、曲の中の変化を楽しむことが
できたりして、なかなかよかった。クラシックの「クラシック」という形式じゃない
コンサートのやり方も、良いな、と感じた。

やはり昔からの友達が、本当にピアニストになっていて、しかも、プロフェショナルと
してパフォーマンスを見せてもらえる、というのは素晴らしいな、と感じた。
また、こういう機会があると良いな、と思っている。


今日、たまたま自転車で松濤のあたりを通ったら、ヘリコプターがたくさんいて、
驚いた。報道陣のヘリだと思われたので、何か事件があったのだろう、と思って
いたら、やはりスパで爆発があったとのこと。何が起きたのか、近くにいても
わからないものの、ワンセグでテレビを見たら、ヘリからの映像がやっていたので、
事実確認ができて役に立った。

都心を自転車でうろうろして、こんなところに、こういうのがあるのだ、という
地理関係を少し確認した。

写真は明治神宮外苑の聖徳記念絵画館。ケータイで撮ってみた。


おばけ階段(根津)

| コメント(0)

根津の「おばけ階段」に行ってきた。数えてみると、下から登ると39段、上から降りると40段。
通りで「おばけ階段」と言われるわけだ。2回くらい上り下りして、考えてみたら、一番下の
最後の段が、登るときは見えにくく数えない物の、上から見ると、分かりやすく数える。
だから、1段ずれるのだ、ということがわかった。



 
この一番下の段を数えるか数えないか、によって段数が変わるわけだ。色が違うので、
上から見ると、一段として数えることができるわけだ。

ちょっと調べてみたら、逆に数えている人がいた。登り40段、下り39段。
どちらが正しいか、などはわからないが主観的で良いと思った。
数え方が逆なのかもしれない。いずれにしても一番下の段についてどうするか、
の違いである。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00031090568218.html

梅雨入り後の空

| コメント(0)

梅雨入りしたものの、晴れていて空がきれいで、思わずケータイで写真を撮った。


母校で話す

| コメント(0)

先週、母校に行き、授業で、高校生に話をしてきた。卒業生が、高校生に対して、
どういう職に就いているのか、という職業についてお話しする機会が、ずっと
以前からあり、そのイベントの一環で行ってきたのだ。

昔と変わらない雰囲気もあり、懐かしさもありつつ、生徒を見るとかわいい感じも、
頼もしい感じもする。話をしていたら、食い入るように聞いている子たちがたくさん
いて、うれしかった。

また同じイベントに来た同級生にも久々に会って、旧交を温めることができたり
して、楽しかった。だいぶ選択肢の違いによって、職業も道も変わるな、と感じ
つつ、話すとあまり変わらないな、と思ったり、という感じであった。

こういう機会は楽しいし、貢献できている(と信じている)感じがするので、
とても良いな、と思っている。

理容師数

| コメント(0)

たまたま、理容師の数が減っていることを知って、調べてみた。
最近は理容師にならず美容師になる人が多いようで、理容師のなり手が
少ないらしい。そのため、床屋が減っており、かつ、美容師が増えている
そうだ。


けんこうTOKYO(旧健康局NEWS) 第12号(2003年3月10日発行)

厚生労働省のページによれば、
バブル崩壊後の消費不況下で、消費者は不要なものは買わないし、サービスに見合わない対価は払わなくなっている。
 一方、理容業は新規参入が比較的容易で、同業他店とのサービスの差別化が図りにくく、人手によるサービス業で生産性向上が図りにくい業である。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei03/05.html
とのこと。最近は、美容室に行く男性も増え、パッ見の派手さは美容室である。
カリスマ美容師などもあり、理容師より美容師を目指す人も増え、理容師が
減っている傾向にあるのかもしれない。頭の数は変わらないとしても、
10分1000円のサービスがでてきたり、と、競争が激しくなりつつあるのと、
人気がなくなってしまったのだろう。

アメリカでは床屋がなくなったと聞いたりしたため、もしかしたら、日本も
いずれ床屋がなくなってしまい、青と赤と白のクルクルまわるのも
見られなくなってしまうかもしれない。

火薬庫前駅

| コメント(0)

「火薬庫前駅」と聞いて、何の駅の名前だろう、と思ったものの、少し調べたら、
現在の「明大前駅」ということがわかった。Wikipediaによれば、
 
甲州街道(国道20号)沿いに江戸時代に徳川幕府の煙硝蔵(鉄砲火薬などの貯蔵施設)が
あった事に由来する。この周辺地域では野火などの火の用心のためか、特に禁猟となって
いた。明治時代になり、火薬庫は陸軍管轄になったが、あまり使われなかった様である。
 
京王線
* 1913年(大正2年)4月15日 火薬庫前駅として開業。
* 1917年(大正6年) 松原駅に改称。
* 1935年(昭和10年)2月8日 明大前駅に改称。
 
井の頭線
* 1933年8月1日 西松原駅として開業。
* 1935年2月8日 明大前駅に改称。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E5%A4%A7%E5%89%8D%E9%A7%85http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E5%A4%A7%E5%89%8D%E9%A7%85

 
とのことである。

http://www.geocities.jp/takeshi_departure/keio-kayakuko.html

 
以前の名前などから、その地の使われ方などがわかったり、歴史を感じることが
できたりするので、意外と面白い。大きな建物や施設があるところは、何らかの
ものがあった可能性もあり、いろいろ見てみると面白いと思っている。

讃岐饂飩 根の津

| コメント(2)

根津駅から歩いていき、根津神社交差点のところを入ったところに、
「讃岐うどん 根の津」というお店がある。うどんを食べたくなり、
今日、食べてきた。「ごまだれぶっかけ」という夏季限定のメニューを
注文したところ、冷たいうどんにごまだれをかけ、わかめやミョウガ、
キュウリなどがのっているうどんだった。
 
うどん自体にコシがあってなかなか美味しかった。今度、味のついて
いない素のうどんか、醤油のうどんを食べてみようと思った。
 
このお店は、なかなか混んでいて、時間がずれていたのに、
次から次へ人が来ていた。また行ってみようと思う。
 
【讃岐饂飩 根の津DATA】
東京都文京区根津1-23-16
電話:03-3822-9015
営業時間11時30分から14時30分 土日祝は~15時
17時30分から20時20分ラストオーダー
日曜日は昼のみ営業
定休日月曜日 祝日の場合は翌日
アクセス
最寄り駅千代田線根津駅徒歩5分
不忍通り根津神社入り口交差点を左折右側根津神社手前
http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20040415A/


中国の地図、百度

| コメント(0)

中国の地図を見てみようと思って、調べてみた。Googleを見てみると、中国では
地図情報を提供していないようだ。GoogleMapで衛星写真はあるものの地図はない。
そこで、百度を見てみると、百度はきちんと地図を提供している。ただ、難点としては
中国語での提供のため、中国語で検索しないときちんとでてこない、という点だ。
 
百度の地図はほとんどGoogleみたいなインタフェースである。しかも、百度は日本語での
検索も提供し始めており、今後、どんどん広まっていくかもしれない。ともかく、中国の
地図を見てみるのには、百度が役に立った。
 
ためしに故宮(北京)を検索した結果のリンクを載せる。Googleの衛星写真と百度の
地図である。
Google 故宮
百度 故宮


先日、用事があって、Dellのフリーダイアルの電話をした。もちろん、最初は機械が
応対して、「○○にご用の方は何番を、△△にご用の方は何番を、、、押して下さい。」と
流れる。そのあと、オペレータにつないでもらった。

すると、オペレータの日本語が少しつたなく、なんだか外国の方の模様。
「□□□が承りました」と話していたが、名前がなんだか中国系?のような名前。
そのオペレータと話すと、その用件にあった別の担当のオペレータに変わるという。
そして、でてきたオペレータも、またまた、日本語がつたない。ちゃんと伝わるか
若干不安になりながらも、ちゃんと伝わって良かったのだが、このオペレータの
名前も、中国系?のような名前だった。良く聞き取れなかったので、なんとも言え
ないものの、このフリーダイアルは、世界のどこにつながったのだろう、と好奇心が
わく。

トーマス・フリードマンの「フラット化する世界」を読めば、世界のどこにコールセンターが
あっても、つながるし、安ければそれで良いわけで、世界中がフラット化しているわけだ。
今回、Dellに電話して、つながった先も、もしかしたら中国かもしれないし、別の国かも
しれない。けれでも用件は通じたし、不自由はなかった。ただ、フラット化が進んでいて
どこに電話がつながったかは、わからない、という状況だった。

フラット化を、ふとDellに電話して実感してしまった。

フラット化する世界(上)
フラット化する世界(上)
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃
日本経済新聞社 2006-05-25

 
フラット化する世界(下)
フラット化する世界(下)
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃
日本経済新聞社 2006-05-25

 
 

指揮者の違い

| コメント(0)

クラシックで、指揮者や演奏者によって表現が違う感じで聞こえる。ただ、聞き比べないと
なんか印象が違うな、という感じで終わってしまうことが多い。それを何となくまとめたのが
ニコニコ動画に載っていたのでリンク。同じ曲のある短い部分を、違う指揮者の演奏を
聞くと、だいぶ違うんだな、というのが実感できた。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm421351

名刺1000枚スキャン

| コメント(0)

先週末、少し時間があったため、自分の机を整理した。机にあった名刺をどうしようか、と
思い、全部スキャンしてみることを思い立って、やってみた。富士通のScanSnap S510
用いてみた。ScanSnapには、名刺OCRソフトがついており、自動的にある程度、OCRとして
文字認識してくれる。「名刺ファイリングOCR」というソフトで、縦横も自動認識する。

いくつかの会社の名刺はうまく認識できなかった物の、多くの会社の名刺はきれいに
認識でき、間違っている点もあるものの、色で認識確率が低いところが表示されるので、
わかる。また、再度、指定すれば再認識させることもできる。名刺の紙が、真っ白でなく
模様がついていたりするとうまく認識しない感じであるが、大半は認識できる。

ScanSnapを使う利点としては、名刺OCRソフトを起動させて、名刺をつっこんでいくだけで、
自動的に文字情報として変換してくれる点である。今回は、正確性あまり考えず、
思い出した名前や会社名などで、検索をかけられるようにできれば、と思ってスキャン
してみた。そのため、スキャンで、名前が全く認識できないのだけ再認識をしてみたり
手で打ち込んだが、ある程度のは、目をつぶり、スキャンした。

1,000枚以上、スキャンしてみて、名刺リストができた。五十音順にならべることもでき、
かつスキャンした順に並べることもできる。だいたい、隣同士の名刺は、同じ頃もらった
時系列で近い名刺であるので、なにか思い出せばそれを手がかりにも探せる感じである。

まだ、名刺を探したい、というシチュエーションにならないので、どれほど使えるかわから
ないままであるものの、名刺の束から探すよりかは効率よく、名刺の裏表のデータを保存
でき、かつ、検索できる形になったと思っている。


修飾麻疹

| コメント(0)

麻疹が流行っているようである。予防接種をしていても麻疹になることがあるそうで、
修飾麻疹と呼ばれている。やはりきちんとした知識をつけないといけない、と感じている。

そのため、麻疹について、色々と調べていたら、だいぶ詳しくなった。
一番、参考になるページが国立感染症研究所 感染症情報センターのページであった。
中でも、予防接種 麻疹のページが詳しい。
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/b-measles.html

麻疹の患者も増えている様子が、麻疹発生DBからも見て取れる

少し勉強したことをまとめてみる。

麻疹は、感染後に潜伏期10~12日を経て発症する。この時期は前駆期(カタル期)とよばれ、
38℃前後の発熱が2~4日間続き、風邪のような症状がでるそうだ。その中で、白色小斑点の
コプリック斑が発疹1~2日前にでるのが特徴的だそうだ。次に、1℃くらい熱がひいた後、
半日くらいのうちに再び高熱(多くは39.5℃以上)が出る(2峰性発熱)とともに、特有の発疹
(赤色の発疹)が全身に出るそうである。発疹期と呼ばれて、3日~4日続くようだ。
その後、回復期にはいると解熱し、全身状態、活力が改善してくるとのことで、
7~10日後には合併症のないかぎり回復するとのこと。

つまり、前駆期(カタル期)、発疹期、回復期と分かれているとのこと。予防のための
医学的隔離期間は発疹出現後5日までとされているそうで、また、麻疹は学校保健法に
よる第二種伝染病に分類され、出席停止期間の基準は、解熱した後3日を経過するまで
とのことだ。

参考:
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/b-measles.html

しかし、麻疹の予防接種を受けていたりして、抗体を持っていた場合、この麻疹の症状が
きちんと出ず、わからないまま過ぎてしまうこともあるそうだ。修飾麻疹(Modified measles)と
呼ばれ、麻疹の特徴的な症状が出ないため診断が難しいらしい。通常より軽い症状となる
ことが多いようである。あるサイトによれば、半数が、修飾麻疹では、と書いている。

修飾麻疹でも感染力があるようで、見逃されてしまうと、他の人に感染をさせてしまう
かもしれないようだ。そのために、もしかしたら感染が広まってしまっているのかも
しれない。

予防接種が2回になったのは、昨年からの模様で2回受けていれば、良いようだが、
ほとんどの人は1回しか受けていないため、麻疹にかかっていない人は、
修飾麻疹にかかる可能性があると言えよう。

また、現在の問題点としては、麻疹のワクチンが減っていること、麻疹の疑いが
あったときに、麻疹を調べるHI法やEIA法という検査があるものの検査薬の供給不足
および検査時間がかかることなどがあり、問題と言えよう。

ちなみに抗体検査のEIA法を利用した場合、抗体IgGとIgMが調べられる。
IgGが予防接種や以前、麻疹にかかっているかを調べる抗体で、
IgMが、最近、麻疹にかかったどうかを調べる抗体である。
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/virus/measles.htm

この抗体指数を基に、麻疹かどうか判断するようである。

ともかく、麻疹が流行っているようなので、気をつけて欲しいところである。
また、予防接種をしているから平気というわけではなく、予防接種をしていても、
修飾麻疹になる、ということなので、日頃から健康には注意したい。

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30