2005年10月アーカイブ

中央線に新型車両

| コメント(0)

JR中央線に新型車両E233系が導入されるそうだ。[yahoo]
人に優しく、車体も強化し、故障による後れなどを少なくするそうだ。
考えてみると、東京を走っている電車で、ステンレスカーなどの新型
車両になっていない主要路線は中央線だけである。1979年に開発
された201系を、25年以上も利用しているわけで、新型車両になら
ないのが不思議だった。2006年の12月頃から入るそうだ。

故障に強い車両(輸送障害の低減)、人に優しい車両
(高齢者、女性、身障者などへの配慮)、情報案内や
車両性能を向上した車両、車体強度の向上
4点をコンセプトにして、主要装置の二重化、女性専用車両の
つり革の高さを5cm下げるなどの対策をしているそうだ。

オレンジ色のモチーフはそのままにして、新型車両に
採用すると言う。詳しくは、JR東日本のPDFに書いてある。

考えてみれば、四半世紀も、大量輸送路線を担ってきた
201系は、設計として良かった、と言えるだろう。通勤電車と
して、多くの路線に採用され、省エネルギー化や空気バネ台車を
利用するなど、工夫もされているわけだ。中央線は、人身事故や
信号機故障などで遅れることが多いものの、201系自体は、
フル活用されており、優れた車両だろうと思う。

このアーカイブについて

このページには、2005年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年9月です。

次のアーカイブは2005年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30