« 東京麺通団のうどん | メイン | サニーサイドアップの仕事術 »

2005年1月30日

スプリング・サイエンスキャンプ2005

スプリング・サイエンスキャンプ2005の募集が始まっている。
高校生の方はぜひ、応募してみて、科学体験をしてみてもらいたい
と思っています。

スプリング・サイエンスキャンプは、10年前に始まった
サイエンスキャンプの一環で、夏だけだったものが、
春にも冬にも開催されるようになった科学技術体験合宿
といえるものである。高校生向けで、2泊3日で、研究所や
大学に行って、一緒に実験などをして研究体験をするという
イベントである。

スプリング・サイエンスキャンプは、文部科学省主催で、
財団法人 日本科学技術振興財団が実施している。概要として、
ホームページから抜粋してみる。

スプリング・サイエンスキャンプは、先進的な研究テーマに取り組む、大学・公的研究機関・民間企業を会場とした科学技術体験合宿プログラムです。全国の高等学校、中等教育学校後期課程または高等専門学校の1~ 3年生等が参加して、6名~15名の規模で3日間かけて日頃触れる機会のない研究現場での講義・実験・実習を行います。

サイエンスキャンプでは、研究者の方々と直接、会話することも
実験することもできる。3日間、食事などを一緒にしながら研究生活を
垣間見ることができるものである。高校生のときに、研究とはどんな
ものだろうか、と全く想像ができないものであるが、サイエンスキャンプに
行けば、なんとなくわかってきたりする。

高校生の時を思い返してみると、大学生活ですらほとんど想像でき
ないものだった。なってみればたいしたものではないのだが、どういう
ふうに高校と違うのか、というのが身体的には全くわからなかった。
さらに研究者の生活などは全く持って知ることができないのだ。
サイエンスキャンプでは、そういう研究者と接する機会を提供している
とともに、研究の面白さの一旦を見せてくれるプログラムになっている。
その点、サイエンスキャンプに参加すると、科学ってこんなに面白いんだ、
というのが体験できる可能性が高い。

そういう意味で、ぜひ高校生の方がいたら、行って見ることを
おすすめする。まわりに高校生の方がいたら、こういう機会が
あることを伝えてあげると、もしかしたら喜ぶかもしれない、と
思っている。

研究所や大学、その他、もろもろの機関において、サイエンスキャンプなど
の受け入れが数多くなってきているが、もっともっとできると思うので、
高校生やその他の年代の方々に、科学の面白みを伝えていく活動を
ぜひ、続けていってもらいたいし、増やしていってもらいたいと思って
いる。

投稿者 kuni : 2005年1月30日 23:58

コメント

コメントしてください




保存しますか?