« センター試験と少子化 | メイン | ロードス島攻防記 »

2005年1月17日

阪神大震災から10年

6千名以上の犠牲者が出た阪神・淡路大震災から10年が
たった。昨年は中越地震が起こり、昨年末にはスマトラ沖地震も
起きており、地震の被害を目の当たりにしている。
東京に住んでいると、いずれ大震災がくるわけで、
もうひとごとではなく、「明日はわが身」という感じだ。

そのため、地震などの対策などをできるだけやっておきたい
と思っている。ただ、どのくらい対策をすればよいのか、やはり
わからないので、情報収集をしていきたいと思っている。

10年前、ラジオを6時頃つけたら、関西地方で地震が起こった
模様です、と流れていた。そして、日が上がると、被害の全貌が
明らかになり、高速道路が倒れていたり、ショッキングな映像が
どんどん流れていっていた。その後、ボランティアなどが集まり
災害復興へ多くの人の努力がなされていったのを思い出す。

これからも何かしらの対策を、個人としても、そして日本全体が
行っていかなければ、と感じている。

投稿者 kuni : 2005年1月17日 23:55

コメント

コメントしてください




保存しますか?