2004年6月アーカイブ

ブラウザ

| コメント(0)

Internet Exploreを利用してあるサイトを見ると、ウィルスに
感染する恐れがある、と報道されていた。そこで、IE関係のブラウザ
を一時的にやめて、違うブラウザを使ってみることにした。

これまではSleipnirを利用したのだがIE系なのでひとまずやめて、
OperaとMozilla FireFoxを利用してみている。どれも一長一短。
タブブラウザの使いやすさ、タブを消したりする部分はSleipnir。
ダウンロードなどはOpera、Mozillaの方が使いやすい気がする。
マウスジェスチャがない(あるかも)という面でMozillaが劣る
かもしれない。

ただ、Sleipnirに慣れてしまっていると、どうも外のブラウザは
勝手がまだわかっていないので、やりにくかったりしている。

うどん作り

| コメント(0)

昨日、うどん作りをした。小麦粉、水、塩からちゃんとうどんを
作った。先輩がうどん作りができるので、うどんを作りたかった
ので、教えてもらったのだ。讃岐うどんで、出来たうどんは、
釜揚げでも、何でもおいしかった。

まだまだうどん作りの修行は足りないが、友達くらいにうどん
を作って出せるくらいにはいずれなりたい。

安眠妨害

| コメント(0)

今日の明け方、家の近くで警報音が鳴った。ピヨピヨうるさい。
30秒ほどなって収まり、何でもなかったのか、と思って寝たら、
30分ぐらいして再び鳴り出す。また30秒くらいして収まる。
しかし、再び30分ぐらいすると鳴り出し、ほとんど寝られない
安眠妨害の警報音だった。

結局夜中3時前から鳴り出し、朝8時までに14回も警報音がなった。
朝、5時くらいに明るくなってからピヨピヨなるのは家の前に
停めてあったバイクと判明。警察に連絡して持ち主に連絡して
もらおうとしたら、持ち主の連絡先がつながらない、とのこと。

あまりにもうるさいので、警察に引き取ってもらおうとしたが、
管理関係の問題で引き取ってもらえず(私有地に勝手に置いて
あるのにかかわらず)、手の打ちようがない。おまわりさんは
バッテリーが上がるのを待つしかない、とか言う始末で、安眠
妨害の原因を止めることは出来なかった。

結局、朝8時ころ、持ち主が現れ、バイクが壊れたので、勝手に
置かせてもらった、とか言って出てきた。勝手に私有地に
バイクをおいてしまうと、警報音が鳴る迷惑はそのバイクを置いた
周辺の住民になる。迷惑極まりない。こういう場合、交番で
預かってくれるので、ぜひ交番まで持っていってもらえれば、
と思ったりした。

変なお店

| コメント(0)

家の近くに変なお店が出来た。個人的な見方では催眠商法のお店だ。

お店のオープンの知らせのチラシには、「ティッシュ100円 しょうゆ100円」と
入っていて、「18歳未満禁止・学生禁止」と書いてあった。

お店自体は外から見ると紅白の横断幕で中が見えないようになっている。
そして、開店前からおばあさんがたくさん、どこから来ているのがわから
ないが、どんどん来て、並び、中に入っていく。開店時には自転車が
お店の周りにあふれんばかりに並んでいる。

お店の外には店員さんが立っている。靴を脱いで中に入るらしく、
なにやら声を上げた商売をやっているっぽい(中は見えないので
なんともいえないが)。

お年を召した方ばかりがお客さんであること、中が外から見えないこと、
活気がある感じにして興奮状態にあおっていそうな感じなこと、
お店の雰囲気、などなどから催眠商法くさいなぁ、とにらんでいる。
(おそらく若い人は中に入れてくれないと思うし、お店に入ろうとも
思わないので、確認のしようはないけど。。。) おそらく数ヶ月
立たないうちにお店がほかの場所に移るんじゃないかと思う。

Fedora-nVidia

| コメント(0)

Fedora Core2 と nVidiaの 5336 driver が相性がよくないのか、
Kernel updateしないとうまくいかないみたいで、画面が真っ黒に
なる。いくつかWebに対処法などが載っていたりしたが、面倒なので
結局、Fedora Core1を入れなおした。nVidiaのドライバがupdate
されればいいのに・・・。

ちなみにFedoraは、RedHat Linux10にあたるOpen Sourceの方の
OSです。

高校生の進路のために大学がオープンキャンパスをやるらしい。[PDF]
昔はこういうのなかったよなぁ、と思ったりした。今日締め切り。

高校生の時は良くわからなかったので、日本化学会などの主催している
一日化学実験教室なるものなどに参加して、一日だけ講義&研究室体験
をするものなどをやったりした。やはりこういう機会は増やしていかないと
いけないんじゃないか、と思ったりしている。

文部科学省でインターンシップをやるらしい。
インターンシップもここ数年でだいぶ普及したなあ。

A4の紙でCDケース

| コメント(0)

Slashdot.jpに載っていたのだが、A4の紙でCDケースを作る方法
載せている人がいるらしい。折り紙っぽくていい。

日本の衛星も、ミウラ折だったか、地図の折り方を利用して
アンテナを貼ったりしている。そういう日本的なのっていいなぁ、
と思った。

睡眠学習?

| コメント(0)

脳が寝ている間に情報整理をするらしいNature newsに記事が
載っていたのだが、ウィスコンシン大学マジソン校のGiulio Tononiらの
研究成果として発見されたそうだ。

脳が寝ているときに、slow-wave activity (SWA)というパターンが
神経細胞が同期的に発火して起こるらしい。SWAの時が深い眠りの
時に起こるそうだ。カーソルを指定位置に動かす、というゲームを
被験者にやらせて、被験者に知らせずにカーソルの軌跡をずらして
おく。そうすると被験者はカーソルの軌跡の変化に適応しようとする。
そして、被験者が夜寝ると、SWAというパターンが多く出てきて、
次の日には、うまく出来るようになる、という実験だ。適応が大変
だった人ほど、SWAの増大が見られたそうだ。

寝ている間に脳内整理か何かが行われて、次の日には整理が
終わっていればうまく出来るようになっているかもしれない、
ということか。そうすると、睡眠は重要だし、あながちイメージ
トレーニングもあなどれない。

そうすると、「日を変えてトライする」というのも良いのかも。
その日にがんばってやってできなくても、次の日なら脳が
整理されてできるようになっているのかもしれない。

夏至

| コメント(0)

今日は夏至である。今日は太陽が1年の中で最も南中高度が高くなる日
(北半球では)であるが、あいにくの台風のため太陽を見ることが出来そう
もない。最近は、東京で30℃を超える日もあって、なんだか真夏ような
日もあり、今年の夏はどうなっちゃうんだろう、と思ったりしている。

歩人館

| コメント(0)

歩きやすい靴、足の計測をして靴を選んでくれるお店があるらしい。
アシックスのウォーキングシューズのお店で、アシックス直営店
「歩人館」がそのお店だそうだ。

以前からお店の存在は知っていたし、足を計測してくれそうな
ディスプレイをしていたのは見ていた。しかし、まだその靴屋さん
には入ったことがない。そのお店が「歩人館」で、ネットでちょっと
調べたら、良さそうな感じである。全国に30店ほどあるらしい。

何がポイントかというと、スポーツシューズメーカーという足の
クッションや疲れやすさを研究している企業が、ビジネスシューズ
などの一般の靴(つまりスニーカー以外の靴)を売っている、
という点である。

スニーカーで生きていける人は良いが、外回りのお仕事や
立ち仕事をしている人などにとっては、長時間履いていても
疲れない靴の方が良いはずである。そのひとつのお店の候補
となるんじゃないか、と思っている。

今度行ってみて、靴を買ってみて、靴を試してみようかと思う。

東京にも

| コメント(0)

一昨日、家の前に、大きなトンボが止まっていた。オニヤンマか
ギンヤンマかムカシヤンマか、わらかなかったが、長さが8cm
くらいあるトンボだった。東京でも、大きなトンボもまだいるんだ、
と思いつつ、写真を撮ったりした。

今日、家の近くを走っていたら、今度は大きなヘビに出会った。
直径5cmくらい、長さ2m~3mくらい(とぐろを巻いていたので
はっきりとはわからなかったが)のヘビだった。

人が集まっていてなんだろうなぁ、と思いつつ走っていたら、
ヘビがいたのだった。今日は30℃以上あったので、ヘビも
暑くなって外にでてきたのだろうか、と思いつつも、走りつつ
突然ヘビがいて、脅かしてしまっていたら怖いなあ、などと
思ったりした。

へビは結局、木の中に入り込んでしまったようで、周辺は
近所の人が巻いたであろう縄でヘビの近くに入らないように
囲われていた。ビデオを片手のおばさんもいて、おそらく
ヘビを撮影していたのだろう。

トンボといいヘビといい、東京にも動物は住んでいるんだなぁ、
と感じた。普段はあまりにも人工物に囲まれていると、なんだか
トンボやヘビは当たり前そうなのに珍しく思ってしまう感覚に
なっているのを知った。

CD-R 100億枚

| コメント(0)

CD-Rの2003年世界総生産量が100億枚を突破したそうだ。
100億枚というとすごい数字である。また、音楽CDなどのCD-ROM
の製品は、正確な統計数字は得ていないが、25~30億枚らしく、
圧倒的にCD-Rのメディアの方が多いことがわかる。

しかし、100億枚の生産であっても、光ディスク業界においては、
台湾や韓国といったアジア諸国の台頭があるために、日本企業は
数年で撤退してしまうそうだ。価格的競争力がなくなってしまうため
である。

これは、メディアが出た直後に1年で、半分から1/3に価格が下落
してしまうそうで、そうなってくると、数年たつと日本企業では手が
打てなくなり撤退してしまう。そろそろDVDが危ないころだそうだ。

日本の競争力を考えると、日本企業が自由に、かつ、競争力を
もって戦えるような仕組みを作っていかないとならないと感じた。

アラン・ケイ博士に京都賞が送られるようになったそうだ。アラン・ケイ博士は
パーソナル・コンピュータやダイナブックなどのアイデアを生み出した人で、
有名な研究者である。Xerox PARC研究所で、さまざまなアイデアを出して
いて、Small TalkとかGUIなどを提唱している人だ。

以前、東京で講演会があったときに聞きにいったことがあるが、
都合がつけば京都賞の講演会も聞きたいと思った。

ケータイにウィルス

| コメント(0)

ケータイ初のウィルスが報告されたらしい。ロシアの
カスペルスキー研究所が確認したそうだ。ケータイの
ウィルスはいずれできるんだろうな、と思ったいたので、
やはり、という感じでもある。

もちろん、ケータイ自体が多機能性を持ったケータイで
現在の日本のケータイとはちょっと違うから、すぐに日本
でもウィルスが広まる、ということはないと思う。今回の
ウィルスも、Bluetooth経由だし、Nokia製OSだし、という
ことで、日本のケータイには感染しないらしい。

ただ、ウィルスを作る人が出てきたのは事実で、
いずれウィルス対策が必要になるのかもしれない。
(おそらく多機能ケータイ つまり、PDAにケータイ機能が
ついたもの Smart Phone など、が対象になると
思う。もちろん、いたちごっこなのだろうけど。)

産業用VR展

| コメント(0)

産業用バーチャルリアリティ展@東京ビックサイトに行ってきた。
基本的に商用VRの最新のものがデモンストレーションでおいてある
展示会である。昨年はちょうど海外の学会に行っていたので、
今回は1年ぶりだった。

今回、最も眼を引いたのが、裸眼立体視ディスプレイであった。
Sharpのノートパソコン、液晶ディスプレイや、日商エレクトロニクス、
SGI+SANYOなど、さまざまなところの裸眼立体視ディスプレイを眼に
することが出来た。まだまだ裸眼立体視ディスプレイの弱点はある
ものの、メガネがいらない、という便利さはあげられる。

裸眼立体視ディスプレイ用のソフトウェアも多く開発されている
みたいで、ソリッドレイをはじめとして、いろいろなところの
ブースでソフトウェアのデモをやっていた。

ディスプレイとしては大画面系も少なからずあり、スーパードーム、
サイバードーム、Holo Benchなど、実際の大きさのものを見たい
(建築や自動車など)ニーズに応えるものがあった。

PCを複数台つなげて、ディスプレイをシームレスにつなげる
ものも意外とあった。PDPを6台くらい利用しているものや、
3台くらいのプロジェクタを利用しているものなどがあった。

初めて見たものは昨年から注目されていたフォグスクリーンの
ディスプレイである。これは、霧にプロジェクタで映像を投影する
というもので、もちろん、人が霧に入ってしまうとスクリーンは
壊れてしまうが、見ていると楽しいものである。

また、ディスプレイ系で多いと思ったのが、タッチディスプレイに
したものだ。PDPをタッチディスプレイにしたり、スクリーン、
半透明スクリーンをタッチディスプレイにして、見ながら操作できる
ことを実現させていた。

立体視ディスプレイとしては、裸眼立体視もあったが、従来からの
直線偏光式立体視、円偏光式立体視、時分割シャッター式立体視
などももちろん、あった。その中で、Barcoのブースにあった、
infitecの立体視は、RGBの色を利用した立体視の方法で、切れ味が
良く、円偏光のように立体像以外に切れ残った右目像・左目像などが
見えない点が良かった。仕組みとしては、色成分の一部を右目、
左目に割り当てて、立体視を実現している。実際、色が眼によって
異なるはずだが、人間の目ではごまかせる感じでわからなかった。
(ただ、自然物などを見たら、わかるかもしれない)。

コンテンツとしては、ゲーム系に近いのか、人の動きや人のモデル
といったもの、都市や建築モデルのもの、カメラを利用した実世界
ものが多かった。そういう流れなのか、と思いつつ、見ていた。

展示会場で一番目を引いたのが、設計系の展示にあったインクスの
ブースである。金型の会社であるが、以前から注目していた会社だ。
今回は金型というよりシステムコンサルティング会社として、売り込み
たいのか、とても気合の入った、かつ、手作り感のあるブースを
作っていた。

インクスの設計開発支援ソフト、データベースは、とても役に
たちそうだし、参考になりそうだな、と思いつつプレゼンを聞いて
いた。若い人がとても多い会社なので、今後の成長が面白そうである。

全体的には、VRの流れ、というものが、裸眼立体視系、実世界系に
あるのかな、というのが感想である。

あじさい写真

| コメント(0)

あじさいの写真を撮ったので載せる。



WindowsXP update

| コメント(0)

今日、新しいマシンにWindows XPをインストールした。
すかさずWindowsUpdateしてみたら、重要な更新、という
のが、50個もある。何個修正プログラムを出しているんだろう、
と思ってしまうほどだ。そろそろServicePackにしてほしい。

だいたい、いつも思うのだが、WindowsのUpdateって、
バグをサービスパックという名前で修正するのは良くない
気がする。なにしろバグかセキュリティーホールが多いの
だから。。。

インストール直後にパッチをあてる量と再起動の数が
多いのはやっぱり面倒だなぁ、と思う。

明日はDual Boot化でFedra Core2かなぁ。

アジサイ満開

| コメント(0)

昨日、家の近くをジョギングしていたら、アジサイが満開で、
きれいだった。今日も井の頭線沿いは満開で、沿線の風景を
和やかにしてくれている。ちょうど6月だし、雨の間の晴れた日に
いい色をだしているなぁ、と感じる。

久々の練習

| コメント(0)

久々に後輩たちの練習に少し混じって走った。ちょっと
最近、練習不足なので、がんばってやらないと、と実感。
おそらくちょっとやれば普通にできるようになるんじゃないか、
と思える段階だが、今の状況だと、本数を減らしてついて
いけるぐらいなので、いまいち。

今日は湿度が高く、走っているとべたべたする感じだった。
6月だなぁ、と感じる。全国的に梅雨入りしたようだし、
これから雨も多そうだ。

コピーミス

| コメント(0)

今日、学会で発表だった。発表パワーポイントを当日まで作って
いるのもいけないのだが、発表3時間ちょっと前にまたトラブルを
起こしてしまった。依頼された仕事などをこなしていくうちに時間が
なくなり、当日パワーポイントを作る羽目になったのだが、午後、
発表だったので、時間は充分あり、パワーポイントはお昼ぐらいに
できた。

そこで、さあ出発、と思って、ノートPCにデスクトップからコピーを
した。ノートPCには、表紙だけ作ったパワーポイントがあって、
そこに「上書き保存」した。はずだった。 Windows共有でコピー
したのだが、間違えていた。

表紙だけのパワーポイントを、できたてほやほやのパワーポイントに
上書き保存してしまったのだ。ごみ箱にしてたならば復元できるものの
Windowsで共有して捨てたり、上書き保存したりすると残らないのだ。
午前中に朝から作ったパワーポイントが表紙だけになってしまい、唖然。

少し残っていたスライドの一部と、映像、画像は残っていて、かつ、
一度頭の中で作っているので、一回目より楽に作り直すことは
できたが、一時間ぐらいかかってしまった。ちゃんと発表には間に合った
から良いものの、ちょっとしたミスで、仕事が消えてしまうのは怖い、
と思ってしまった。

6月はトラブル続き・・・ そろそろ悪運尽きたい。

PCとぶ

| コメント(2)

メインに利用していたノートパソコンが、飛んじゃいました。
電源を入れても、うんともすんとも言わず、です。BIOSすら
起動せず、バッテリーを入れ替えても、HDDを入れ替えても
起動せずです。修理に出さないと。。。

HDDのバックアップは2ヶ月前に取っていたものの、やはり
データバックアップは頻繁にとるべきだなぁ、と感じました。
今はだいぶ重複して取っているつもりなのですが、さすがに
ノートPCだけに入っているデータ、というのも少しはあるので、
データ救出をせねばなりません。

HDDは生きていたっぽいので、データを救出できるのですが、
ちょっと作業が面倒。でもやらないと・・・。

更新

| コメント(0)

ホームページに書きたいネタはたくさんあったりするのですが、
なんだかここのところ、いろいろ終われていて更新できず、です。
ちょくちょく書かないと。。。

OpenCampus

| コメント(0)

今日は、オープンキャンパスだった。ほとんどの研究室が
自分たちの研究を紹介するイベントである。先端技術を利用した
ユニークな研究が多いので、見ると面白いし、全体の技術的な
流れなどもわかるような気がする。

個人的には体験するデモンストレーションが好きで、いじったり
触ったり、見たりできるものが好きだ。説明だけだとちょっともの
足りない、と思ってしまう。今回はあまり時間がなく、他の研究室を
見ることができなかったが、明日もやっているので、時間を作って
見に行こうと思う。

このアーカイブについて

このページには、2004年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年5月です。

次のアーカイブは2004年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30