2004年3月アーカイブ

Photo in Chicago

| コメント(0)

シカゴで撮った写真を紹介。

まずは、学会会場のホテル


次に、シカゴでは建築が有名で、いろいろな高層ビルがあるが、
その中でも特徴的な建築。とうもろこし? 松ぼっくり?


そしてシカゴの町並み。中心部の橋付近。


シカゴ美術館前の建物の並び。
シカゴ美術館には、スーラの点描画など有名な絵がたくさんある。


クラシックファンならば名前を聞いたことがあるはずの
Chicago Symphony Orchestraの建物。


そして、最後に、シカゴの高層ビル群とミシガン湖。


Resonantware

| コメント(0)

NECがResonantware レゾナント・ウェア 
(共鳴する機器を意味する造語)というコンセプトを
発表している。未来的なものを提案しており、なかなか
面白いし、興味深い。

いくつか実現が目に浮かぶものもあれば、どうやるのか、
とちょっと考えてしまうものもあるが、こういうコンセプトを
提案していくのはとてもいいな、と感じた。

セグウェイ

| コメント(0)

今日、シカゴでバスに乗っていたら、セグウェイ
乗っている人をはじめて見た。驚き。
セグウェイって本当に使われているんだ、と
思い、良く見てしまった。日本じゃ道路交通法違反で
つかまるらしいが、こっちはOKっぽい。

ポスター発表

| コメント(0)

シカゴでのポスター発表が無事、昨日終了。後はPaperを
聞くのみで、毎日、朝から聞いているところだ。ポスター発表では
75秒のプレゼンテーション時間があり、話したのだが、意外と
75秒というのは難しい。ニュースのインタビューなどは60秒など
あるし、CMは15秒なので、考えてみるといろいろいえるが、
詰まると何もいえなくなってしまう時間である。
練習したが、完全にうまく話せたわけではないので、難しいな
と感じた。

ポスター発表の方は、数人がすごく興味を持ってくれていて、
ポスターの前で戻ってくるのを待っているほどで、すぐに
説明をしたり、質問に答えたりした。いろいろ興味を持って
くれる人がいるのはうれしい。

ただ、やはり口頭発表をきちんとしたいな、とも思う。
さらに、できれば論文を通しておかないと話しにならないし、
引用してもらえない。とりあえず、ポスター発表だとPRには
なるが、第一歩という感じである。

国際学会に参加すると、いろいろなところの人の研究を
一度に見ることができるのがよいかもしれない。あと2日間
ちゃんと聞いておこう。

眠さ

| コメント(0)

今日は一日中、なんとなく眠かった。やはり時差ぼけ
だろうか? いつでも寝られそうな感じだが、昼間なので
起き続けている状態だ。

日本を出発する日にあまり寝ていなかったので、
飛行機の中では良く寝られたし、ホテルでも
良く寝ているのだが、やっぱり眠くなるもの。
まあ、しょうがないのかなぁ。

BULES

| コメント(0)

昨日、時間があったので、少し眠かったがBluesを聴きに
いった。舞台が前にあって、バンドとともに女性の人が
歌っていた。中は飲み屋のBarという感じで、ビール片手
に聴いている、という感じだった。

途中からインタラクティブになっていって、たまたま
誕生日の女性を見つけて、その人を含めて、Bluesで
Happy Birthday to you (女性は、Happy Birthday
to me)などと歌っていた。

聴衆を含めたPerformanceなどをやっていて、
見ていて面白かった。Bluesは初めてだったが
楽しむことができてなかなかよかった。演奏も
うまかった。

シカゴ到着

| コメント(0)

シカゴに来ました。飛行機の中では、赤ちゃんが多くて、
お母さんは大変そうだな、と感じました。何しろ、僕の
周りだけで数人の赤ちゃんがいたので、赤ちゃん人口は
とても多く感じました。

シカゴは高層ビルが多く、それぞれの建物の建築が
特徴的なので、街を歩いているととても面白い街です。
おそらく建築関係の人はExcitingになるのではないで
しょうか。

ミシガン湖も少し見ましたが、大きすぎて湖か海か
よくわからない感じでした。観光用に馬車が走って
いて、写真を撮ったりしていました。

寒さも彼岸まで?

| コメント(0)

今日は寒い。春になった感じが全くせず、
冬の天気だ。雨のせいもあり、寒いのだ。

暑さ・寒さも彼岸まで、というが、そろそろ
彼岸も終わる。そろそろあったかくなるのだろうか?

18日に桜が東京で開花宣言されたものの、
そのあと、毎日寒いため、桜の開花もすすまなそうだ。
今週末から来週あたりが見頃なのかもしれない。

木住野佳子ライブ

| コメント(0)

昨日、木住野佳子のライブをJZ Bratに聴きにいった。
とっても丁寧な気持ちの良い演奏で、心地よい時間を
過ごすことができた。トリオのJazzの演奏で、木住野
佳子さん自身はピアノで、ドラムとバスの3人による
演奏だった。

いい雰囲気のお店で、曲も演奏も良くて、なかなか
いい感じだった。たまにJazzを生で聴くのもよい。

財務省税制のメールマガジンを始めるらしい。
政府税制調査会における審議状況などが流れるそうだ。
どんな内容か全く知らないが、興味があったので、
とりあえず登録をしてみた。

LLC Workshop

| コメント(0)

会社でもない組合でもない行政組織でもない、全く新たな組織
形態であるLLC (Limited Liability Company; 有限責任会社)
について考える第一回LLC Workshopに参加してきた。アメリカ
では、1977年からLLCが出来ている。

LLCはプロジェクトごとに組織を作って解散することの出来る
仕組みで、組織員全員の有限責任、パススルー課税(Single
Taxation; いろいろな会社が集まって製品を作るときに、
組織全体に課税を1回だけ受けるため、製品を作る過程で
利益が出ても最終的に赤字であれば課税を受けない、
というもの; 個人的な理解が正しければの話だが。。。)、
などを特徴としているらしい。

半導体産業などではLLCが海外で利用されており、競争力を
持ち始めているそうだ。それに対応して、日本版LLC制度を
導入しようという動きがあり、それにあわせたWorkshopが今回
というわけである。

税制改革と商法改正をにらんでいかねばならず、今回は
法論議が多かった。研究者側からの発表や、経団連、
経済産業省、産業界、というように、多くの立場からの
発表があって、なかなか面白く、会場も大盛況で、
次回以降、どんどん活発になっていくのではないか、
と感じた。

参考:東京大学先端科学技術研究センター LLC制度研究会

女子マラソン代表

| コメント(0)

昨日、女子マラソン アテネオリンピック代表に
ついて少し書いてみたが、結局、今日の15時過ぎの
発表で、高橋選手が落選したそうだ。

代表は、野口、坂本、土佐選手だそうだ。
5ヵ月後のアテネでの好走に期待したい。

女子マラソン

| コメント(0)

今日、名古屋国際女子マラソンがあった。アテネオリンピック代表選考の
最後のレースだった。東京国際女子マラソン大阪国際女子マラソン
そして今回と、3レースの結果から、すでに決定している野口みずき選手
以外の残り2名の代表を決めることになっている。

しかし、意外と選考は難しいのではないだろうか。というのは、今日、
土佐選手が好記録で優勝したからだ。

高橋尚子選手 2時間27分21秒 東京国際 2位
坂本直子選手 2時間25分29秒 大阪国際 優勝
土佐礼子選手 2時間23分57秒 名古屋国際 優勝

上記の3名が代表候補であると言ってよい。明日の陸連の
理事会で検討されるのだろうから、今、考えなくて結果を
待てばよいのだが、ちょっと考えてみた。

ベストタイムは
高橋選手 2時間19分46秒 日本最高記録
坂本選手 2時間21分51秒
土佐選手 2時間22分46秒
の順番だ。実績も、
高橋選手 シドニーオリンピック2000年 金メダル
坂本選手 パリ世界陸上2003年 4位
土佐選手 エドモントン世界陸上2001年 銀メダル
となっている。

意外と誰を選ぶのか難しい感じがする。実績を考えると
高橋選手を入れたいところだが、記録を考えると他の
二人の方が選考レースでは上である。ベスト記録は
高橋選手のほうが大きく上回り、微妙だといえる。
他の二人の選手も実績を持っているので申し分は
ないわけで、このあたりが政治的判断になるのかも
しれない。

BlackBox

| コメント(0)

今日、別のマシンもBlackBoxにすることにして、またCygwinにインストール。

最新版はコンパイルがうまくいかず、ひとつ前のバージョンをインストールした。

Older Stable 0.62.1 をダウンロード
% tar -xvzf blackbox-0.62.1.tar.gz
% cd blackbox-0.62.1
% ./configure
% make
% make install

Xを立ち上げる際の設定を作る。

% cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

./xinitrc の中の 
fwm &
を以下のように変更
blackbox &

これで、きれいなXを立ち上げることができた。

ライト点灯

| コメント(0)

車のライトを常時つけている車を見かけるようになった。
タクシーやレンタカーなどは白色LEDをつけている。
また、バスやトラックなどでも昼間も点灯する車が
増えてきた。

基本的に全国の警察などで、
「夕暮れどきは「早めのライト点灯」を!」
という活動をしているようだ。また、いくつかの県では、
昼間ライト点灯運動もやっている。また、昼間ライト点灯に
ついて応援しているサイト
もあった。

個人的には昼間もライトを点灯するのはよいと思う。
これは視認率が相当上がるからだ。特に高速道路は
ライト点灯をしたほうがよいと思う。スピードが速いときには
なるべく早く車を認識できたほうがよい。普通の街では
必要ないかもしれないが、高速は必須な気がする。

昼間のライト点灯は自分が見えやすくならないから
やらないのではなくて、相手から見えやすくなるから
ライト点灯をするのだと思う。テールランプも見え
やすくするのに役立つが、実はヘッドライトが相手から
とても見えやすい。車幅灯ではなく、ロービーム
(普通のライト)が本当に見えやすい。

先日、運転をしていて、ライトをつけている車と
つけていない車がいて、相当視認率が変わったのを
実感した。また、アメリカの高速freewayでは、
ほとんどの車がライトをつけているので、見やすいのだ。

そういう意味で、ライトをいつでもつけるようにしたいものだ。

半落ち

| コメント(0)

映画「半落ち」を見た。警察官の夫が、アルツハイマーの妻を
殺害し、自首する。その殺害から自首までの間に2日間の空白
がある。この空白の2日間についてがこの映画のポイントと
なっている。

「誰のために生きているのか?」という問いがキーワードの
ように出てくる映画で、様々な問いを投げかけている映画の
ような気がした。現在の医療システムにも疑問を投げかけて
いる気がする。

人間の「命」についても、ちょっと考えさせられる。主人公の
夫婦は急性骨髄性白血病で息子を亡くす。主人公は、
「妻は2度息子を亡くしているのです。1度目は急性骨髄性
白血病で。2度目はアルツハイマー病で。」
と言う。

いろいろと考える要素の多い映画のような気がした。
ただ、もう少し深みも欲しかった気もするが、見落としが
あったのかもしれない。

Monsters Inc.

| コメント(0)

映画「Monsters Inc.」を見た。「ファインディング・ニモ」を
作ったディズニー、PIXARの映画。CGの映画として、映像が
きれいだ。

内容ははじめ一瞬わからなかったが、すぐにわかって、
人間味もある、かつ、ありがちな感じで、でも面白い感じ
だった。いろいろイベントが起こって、ずっと見入ってしまう
感じだった。

きれいだけど、強いVividな色合いの利用が多いのと、
CGとしても3次元の描写などが多いところなどが面白い。
Toy Storyなども見てみようか、と思った。

ホームページ更新

| コメント(0)

ホームページの更新が最近、滞っていたので、
これからまた更新し始めます。よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2004年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年2月です。

次のアーカイブは2004年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30