2004年1月アーカイブ

国会中継

| コメント(0)

ここのところ、国会が開催されているため、国会中継が
テレビで行われている。先日、お昼を食べに行ったら
ちょうどテレビがついていて、国会中継をやっていた。

たまたまドイツからの留学生とお昼を食べていたので、
ちょっと説明したりした。「しゃべっている人はKoizumiと
同じPartyか?」などと聞かれても、ぱっと見て、何党の
人か、知らない人であったために内容を聞いて、与党か
野党の区別をつけるところから始めないといけなかった。

しかも、質問答弁が長いために、「何を言っているのだ?」
と聞かれても正確には答えられないし、的を得た答えを
作ることが出来なかったりする。日本人ですら、よくわから
なかったりするのだ。

その他、国会の席の説明や、党の説明をしたり、ドイツの
場合はどうなっているか聞いてみたりしていたが、その辺は
大体一緒で、野次を飛ばす人がいたりするのも同じようで
ある。

しかし、簡単に説明のしにくい、というのは、語学力もさる
ことながら、答弁も聞いていると面白いが、説明するとなると、
もう少しわかりやすさが欲しいな、と思ったりした。

第159回国会(常会)
会期 平成16年1月19日から6月16日までの150日間

RedHat Linux9

| コメント(0)

OSをRedHat Linux9にしてみた。Fedoraでも良かったが、
新しいマシンを買ったので、それに入れてみようか、と思っている。

現在、ディスプレイをUXGAのディスプレイにして、相当、画面が
大きく、解像度も高く満足。もうXGAのディスプレイに戻りにくい
気がしている。

牡丹の花

| コメント(0)

先日、牡丹の花を見てきた。バラのようなつばきのような花で、
相当大事にされてそだっている感じであり、花が折れないようにか
屋根付だった。





先日、スパイラルホールに行き、再び鈴木康広さんの
まばたきの木(勝手に命名)を見に行ってきた。
実は「またたきの葉」らしい。

子供たちが群がって遊んでいたりした。落ち葉みたい。
スライディングしている子供が多かった。個人的にも
子供のように葉を投げたり、連続して入れたりして
遊んできた。


地面に映る影が鳥のように羽ばたいて見えたりして
なかなか趣がある。

そして壁に映った影も幻想的だった。

ギリシア料理

| コメント(0)

昨日、ギリシア料理に行ってきた。昨年、ギリシアに行ったので、
なつかしのギリシア料理でおいしかった。ただ、ギリシアでは
ジャンキーな感じで食べたりしたが、今回はだいぶおしゃれな
感じで、上品だった。

脳型インタフェース

| コメント(0)

HotWiredを読んでいたら、脳型インタフェースを開発している
記事
が載っていた。映画「Matrix」じゃん。写真も載っている。
Cyberkineticsという会社がやっているそうで、会社のwebによると

Cyberkinetics (Foxborough, MA) is a leader in the rapidly
emerging field of brain computer interfaces.

だそうだ。 うーむ。個人的には使いたくないな。サルでテスト
しているらしいが、どうなんだろう? 究極のインタフェースなのか?
興味深い。

火星着陸

| コメント(0)

NASAのSpiritが火星に一歩を踏み出したらしい。[CNN]

慎重に操作しているんだろうけど、時間遅れ&未知の世界
というのは緊張と興奮の連続なんだろうなぁ。

芥川賞・最年少

| コメント(0)

第130回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が決まった
そうだ。

芥川賞:金原ひとみ氏(20)「蛇にピアス」、綿矢りさ氏(19)「蹴りたい背中」

とのことで、芥川賞は最年少受賞だそうだ。前から名前は
聞いていて、今年は最年少更新かも(候補者5人のうち、
3人が最年少記録を更新する可能性があった)といわれて
いたので、やはり、という感じもある。

読書離れ、とも言われていた(本当かな?)なかで、
注目を集めるし、かつ、若い人が台頭してきたのは
良いことなんじゃないか、と思っている。デジタルの
時代で若いときから文章を書くようになった、と誰かが
言っていたが本当なのかなぁ? まあ、発表する機会
(読んでくれるかは別だが)が増えた(=インターネット
に載せる)というのは事実か。

個人的には今回の芥川賞受賞者の本を、今度、
読んでみようかな、と思っている。

メガネ

| コメント(0)

新しいメガネを作った。以前、高校生あたりで作ったのが
一つあり、二つ目のメガネである。サングラスは持っているが
メガネは「作ろう作ろう」と思いつつ、なかなか作りに行って
いなかったのだ。

メガネを作ろうとは以前から思っていた。コンタクトをはめて
いるのだが、徹夜したときや旅行に行ったときなどメガネの
方が便利だな、と思っていた。そういうときは、昔からの
メガネを利用していたのだが、気が付いたらレンズが割れて
いて、そろそろ寿命、と感じていた。

そこで、メガネの処方箋をコンタクトの定期検診の際に作った
のだが、それが2年前。その後、2年間、処方箋を作ったもの
の、メガネを作りに行かず(何回かフレームを見には行った)
だった。

そろそろ処方箋も期限切れと思い、一昨日、コンタクトの
定期検診の折にメガネの処方箋を再度作ってもらい、
思い立ってメガネ屋に行って、20分ぐらいで決めた。

フレームの主張が強いのにしようかとも思ったが、
最初だし、弱めで、メタルフレーム、ちょっとファッショナブルな
感じのにしてみた。今年のNew Arrivalらしい。

気分転換にたまにはメガネをかけて出かけてみようと
思っている。

Interval

| コメント(0)

合同練習でインターバルをやった。ここのところ、
体はきつくなるが、合同練習に参加し、こなすことが
出来ていて、陸上競技の面では満足だ。

今日は、200m×15本と、本数が多かったものの
最初、そこまで飛ばさなかったため、最後まで持ち、
後半はまあまあ押せていけたので良かった。

朝、眠かったり、筋肉痛になったりするけど、
今年ぐらいは冬期練習が出来る状態なので、
出来る限りやっておこうと思う。もちろん、
以前ほど練習ができているわけでもないし、
今の練習が十分ではないかもしれないが、
取り合えず、出来るところをやっている、という
感じである。

まあ、春にベストが出るといいな、というぐらいで
気楽に練習をしていこうと思っている。

The Last Samurai

| コメント(0)

映画「The Last Samurai」を見てきた。トム・クルーズ主演の
ハリウッド映画だが、渡辺謙、真田広之など日本人が数多く
出演しており、言語は英語だがある意味、日本の映画らしい
感じだった。

最初、日本といえば富士山などが出てきて、やはり
日本人をちょっと小馬鹿にした映画かと思った。
しかし、少ししたら日本の時代劇みたいな感じに
なって、楽しめた。絵がきれいだった。

ストーリーはちょっと無理な部分もあるものの、
「侍」の心、武士道を尊重していて、それが
日本人のアイデンティティの一つになっている
ことを指摘していた。世界の中でも特徴的な
Spiritsが「侍」なのかもしれない。

剣術などでは、出演者の真田広之がかっこよかった。
NHKの大河ドラマ「太平記」などにも出たりしていたが、
時代劇は様になっている。騎馬隊の出撃場面とかは
やっぱりわくわくする。戦い方は「長篠の戦い」のような
感じだった。個人的にはもっとローテクを駆使して戦って
欲しかったが、まあしょうがないか。

「侍」の心、武士道などはいいなぁ、と思ってしまった。
今の日本に忘れられている「侍」の心を思い出して、
行動していけば、日本もまた持ち直してくるのでは
ないかなあ。

ユンディ・リ(李雲迪)と川久保賜紀コンサートに行って来た。
ピアノのユンディ・リは、2000年 ショパン国際ピアノコンクール優勝者、
ヴァイオリンの川久保賜紀は2002年 チャイコフスキー国際コンクール
最高位(1位なしの2位) と、若い二人の演奏会だった。

川久保賜紀は、存在感のある弾き方で、華奢な体に
見えるのに、軽々とバイオリンを扱ってきれいな音を
だしている感じがした。

ユンディ・リは、とてもパワフルな弾き方だった。
ユンディ・リは、オーケストラとピアノを弾いていても、
ピアノの存在感が消えないくらいパワフルだった。

ユンディ・リは若い人に人気なのか、コンサートには
いつもより若い女性が多い感じを受けた。高校生など
も多かった。

少しはクラシックの曲が聞いてわかるようになって、
コンサートで聞いていても気持ちよく聴けたりする。
曲を知るのも大切、と思った。

▼ユンディ・リ&川久保賜紀 2大コンクールコンサート
2004年1月11日(日) 14:00開演 サントリーホール

ウェーバー 歌劇「オベロン」序曲
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調(ヴァイオリン:川久保賜紀)
ショパン 夜想曲 第2番 変ホ長調 (ピアノ:ユンディ・リ ソロ)
リスト(シューマンの歌曲による) 献呈 (ピアノ:ユンディ・リ ソロ)
ショパン スケルツオ 第2番 嬰ロ長調 (ピアノ:ユンディ・リ ソロ)
リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調(ピアノ:ユンディ・リ)

ピアノ ユンディ・リ(2000年 ショパン国際ピアノコンクール優勝)
ヴァイオリン 川久保賜紀 (2002年 チャイコフスキー国際コンクール 最高位)
指揮 小泉和裕
演奏 新日本フィルハーモニー交響楽団

久々のペース走

| コメント(0)

今日は、久々に学部生の合同練習に間に合ったので、
一緒にペース走をやった。相当久々なペース走で、
きちんと走りきれるかが不安であったが、設定タイムで
走れ、さらに後半は少しあげていくことができた。

今年に入って、練習をまあまあしていて、やっと
だいぶ走れるような気がしてきた。その分、最近は
朝起きるのが眠くてつらかったりする。筋肉が
破壊されて修復されているのか、と思うものの、
だいぶ筋力が落ちた気もしたりしている。

とりあえず、走れるようになってきたので、きちんと
練習を続けていきたい。

火星の写真

| コメント(0)

NASAが火星の写真を公開している。[写真8MB]
砂漠みたいな感じであり、火山岩みたいな黒い岩がごろごろ
している。カラーなのでだいぶわかる。

火星に人類が行ったわけではないが、データだけ送られてきて
それを再合成すると人が行って見たような感じに見えるわけだ。
なんか不思議な感じではある。

Roverの写真はWebサイトに載っていて、今後いろいろ
これから探索するらしいので、楽しみである。

まばたき@spiral

| コメント(0)

昨日、1月6日~18日まで、スパイラルガーデンで開催されている
「art-life vol.2 鈴木康広/山極満博展『行方不明』」
に行ってきた。時間があまり取れなかったため、初日に
さくっと見に行ったわけだ。

鈴木康広さんの約20万枚の“まばたきの葉”が降りそそぐ作品が
大きくおいてあった。本当に落ち葉みたいだった。以前、
小型バージョンは見たことがあったが、大型化したような気がする。

彼は発見することなどに興味を持っているようで、
「まばたき」を一つのキーワードとして活動している
ような気がする。発想が豊かなところを見習いたいな、
と思っている。

MATRIX Reloaded

| コメント(0)

「MATRIX Reloaded」のDVDも買ってしまったので、
昨日、見た。映画を見ている場合じゃない、とも思ったが、
お正月休み最後だし、ということで甘えて見てしまった。
前回は映画館でみたので、2回目だ。

第1作、第2作と続けてみていて、かつ、第3作を映画で
見ていた
ので、少しストーリーがわかってきた。
エージェント・スミスと思っていたが、第1作目だけが
エージェントで、第2作目以降は、エージェントじゃなくなって
Freeのスミスになっていたりするところなどもわかった。

しかし、ストーリーの完全理解まではまだ、という
感じである。DVDを買ったので、第3作目も買って、
連続して見るとわかるようになるかも知れない。
もちろん、1回目よりもずっとわかるようにはなった。

映像は、2回目でもやっぱりすごいと思う。ありえない
映像が満載で面白い。闘っているシーンやカーチェースの
シーン、スーパーマンのシーンなど、色々、見所が
ある。ストーリーより映像表現だな。

高校生と練習

| コメント(0)

昨日は母校に行き、高校生(一部、中学生)と練習をした。
久々の母校での練習で、いつもとは違う動きをしたため、
今日はちょっと疲れてしまっている。

考えてみると、高校生の時は毎日、よくあのような練習を
していたなぁ、と思う。やはり慣れることはすごい。高校生
の時に、現在のような練習は距離が長かったり、質が
高かったりして、できなかったと思うが、逆も実はきつい
ことがわかった。

母校にたまに行ったりして練習をすると、縦のつながりが
できて良い。実際に±10学年くらいを全員ではないが、
知っている。離していると感覚が違う面もあったり、同じ
面もあったり、高校生の時の記憶がよみがえったり、
発券があるのが楽しい。

年賀状

| コメント(0)

年々、年賀状を書くのが遅くなってしまっている。
今年の年賀状も版画にしたのだが、彫るのに手間取って
年が明けてしまった。年賀状は、結局、「平成16年 元旦」と
本当に元旦に記している始末で、元旦にほとんどを出した。

ということで、年賀状のやり取りをしている方々、年賀状が
届くのが遅れると思われます。申し訳ございません。

年賀状も住所を知らない知人が増えたせいもあり、
E-mailの利用が増えてきた。明日以降に、E-mail
年賀状も送る予定です。昨年同様、「アナログなのに
デジタル」で送ります。

元旦ロードレース

| コメント(0)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

朝、朝食を食べて初日の出を見た。晴れていて
ちょうどあがってくるところを見ることができて良かった。

そして、元旦ロードレースを走ってきた。5kmだ。
前半、ペース走の感じで引っ張ってくれる
大学生がいて、ずっとついていったが、2.5km
あたりの上り坂で離されてしまった。

さらに、3km過ぎぐらいから腹痛で失速。
しかし、さほど抜かれず、入賞。タイムは普通。
楯をもらった。参加賞にメダルとTシャツだったので、
ちょっと豪華なロードレースだった。

やはり練習不足は否めず、後半の弱さが
もろに出てしまった。きつくてスピードを維持できなかった。
今年は、少しはきちんと練習しよう(毎年思って
いる気もするが・・・)

とりあえず、楯をもらい、無事走れたので良いことに
しよう。

このアーカイブについて

このページには、2004年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年12月です。

次のアーカイブは2004年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30