10年前からやり始めた勉強会が今月で10周年になります。
それで10周年イベントとして、今後の10年を考え、
「10年後の新ビジネスとリーダー」をディスカッションするイベントを
行います。是非、ご参加ください。


■■■――――――――――――――――――――――――――――――■■■
    10年後の未来へ ~あなたが創る新たな社会~
     ~アントレ・ラボ10周年企画 特別記念セミナー~
     http://entre-lab.net/ 2010/8/21(土)開催!
■■■――――――――――――――――――――――――――――――■■■

アントレ・ラボは「世代を超えた知と心の交流」を活動理念に、若手起業家と
ベテラン経営者のマッチングなどを目的として、新しい付加価値を生み出す
気構えを持ったメンバーで活動している勉強会です。2000年8月に活動を
始め、2010年で10周年となります。様々な分野で第一線として活躍されて
いる方を講師としてお呼びし、議論する勉強会を開催しており、次が100回
目となります。今回、10周年特別記念セミナーとして、6名の方をお呼びし、
10年先の新ビジネスとリーダー像について語っていただきます。

是非、ご参加ください。

1.日時:2010年8月21日(土)14:00~17:30 (受付開始13:30) 
※18:00~、懇親会がありますので宜しければご参加下さい。

2.概要:各界の第一人者は10年後の日本社会をどのように見据えているのか。
未来の日本をリードする5人が『10年後の新ビジネスとリーダー』を
  テーマに熱く語る。

※当日の模様はユーストリームで生中継し、ツイッターで会場内外の
   参加者から幅広くご意見・ご質問を受け付けます。 

3.内容

 1)講演 (14:05~)
  『10年先の未来論』 藤井 義彦氏(ガンガー経営研究所 代表)

 2)パネルディスカッション (15:00~)
  『10年後のニュービジネス/リーダー』

  【パネリスト】
  阿部 重夫氏(総合情報誌ザ・ファクタ編集長)
  岡 俊子氏  (アビームM&Aコンサルティング株式会社 代表取締役社長)
  各務 茂夫氏(東京大学教授 産学連携本部事業化推進部長、経営学博士)
  篠塚 正典氏(長野五輪オフィシャルロゴ作成者、
           東京コミュニケーションアート専門学校副校長)
  西村 邦裕氏(東京大学助教 大学院情報理工学系研究科、博士(工学))

  【ファシリテーター】
  佐藤 徳之氏(マーシュブローカージャパン株式会社
             シニア・バイスプレジデント)

 3) アントレ・ラボメンバー懇親会 (18:00~20:00)
アントレ・ラボ アントレ・ラボ10年間の総括報告
         ・今後のビジョン・活動内容発表

4.場所:FORUM8 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル6F         
      http://www.forum-8.co.jp/access/index.html

5.参加費 :基調講演+パネルディスカッション :3,000円 
  アントレ・ラボメンバー懇親会:6,000円
※当日、会場受付にてお支払い下さい。

6.定員:100名 (懇親会:50名)

7.申し込み方法: 下記HPより参加申込フォームで申し込みをしてください。
http://entre-lab.net/entry.html
  ※10周年記念講演・パネルディスカッション
  もしくは、懇親会のみのご参加も可能です。

ご不明な点等ございましたら、以下事務局までお問い合わせ下さい。
アントレ・ラボ運営事務局
 担当:下元・仲津 (メールアドレス:info [at] entre-lab.net )

*********************************************************************

羽田空港で、今週の31日(金)に開催される
デジタルパブリックアートシンポジウムのご案内です。

------------------------------------------------------------------
Digital Public Art in HANEDA AIRPORT
空気の港 〜テクノロジー×空気で感じる新しい世界
デジタルパブリックアートシンポジウム開催のお知らせ
2009年10月30日(金)@羽田空港
http://www.digital-public-art.org/

JST CREST「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト
                〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
                プロジェクト代表:廣瀬 通孝
                東京大学大学院情報理工学系研究科
                知能機械情報学専攻 廣瀬・谷川研究室
                TEL: 03-5841-6367 
                E-mail: dpa (at) cyber.t.u-tokyo.ac.jp

拝啓
 
空が高く澄み渡り、秋の空気が快く感じられる季節です。ますますご清栄の事と
お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

独立行政法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業(CREST)の研究プ
ロジェクトである「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクトで
は、2009年10月9日〜11月3日の期間、羽田空港の第1、第2旅客ターミナルを会
場に、最終成果報告の展覧会となる「Digital Public Art in Haneda Airport 
空気の港〜テクノロジー×空気で感じる新しい世界」を開催しております。

展覧会の関連事業といたしまして、「デジタルパブリックアートシンポジウム」
を2009年10月30日(金)に羽田空港第1旅客ターミナル6Fギャラクシーホールにて
開催いたします。

ご多忙の時節かとは存じますが、皆さま奮ってご参加いただきたくお願い申し上
げます。

                               敬具
              <記>

日時: 2009年10月30日(金)  10:30〜17:00
(午前の部 10:30〜13:30/午後の部 14:00〜17:00)
会場: 羽田空港第1ターミナル マーケットプレイス6F ギャラクシーホール
(大田区羽田空港3-3-2)
入場料: 無料(着席300名様)
登壇者:
 ●午前の部 岩井 俊雄 氏(メディアアーティスト)
   隈 研吾 氏(建築家)
 ●午後の部 北川 フラム 氏(アートディレクター)
   長谷川 一 氏(明治学院大学・准教授)
 ● プロジェクトメンバー
廣瀬通孝(東京大学・大学院情報理工学系研究科・教授)
相澤清晴 (東京大学・情報学環・教授)
苗村 健 (東京大学・大学院情報理工学系研究科・准教授)
鈴木 康広(東京大学・先端科学技術研究センター・特任助教
          /アーティスト)

申込方法:公式ウェブサイト申込フォームよりご登録ください
http://www.digital-public-art.org/


■デジタルパブリックアートシンポジウムプログラム

<午前の部 10:30受付開始 11:00スタート 13:30終了予定>
10:30  午前の部:受付開始
11:00−11:10 ご挨拶(東京大学名誉教授/JST領域代表・原島 博 氏)
          ご挨拶(日本空港ビルデング副社長・土井 勝二 氏)
          ご挨拶(国土交通省 東京国際空港長・倉富 隆 氏)
11:10−11:15 はじめに「デジタルパブリックアートプロジェクト
  5年間の活動について」
          (プロジェクトリーダー・廣瀬通孝)
11:15−11:20 岩井俊雄 氏講演
11:20−11:25 隈研吾 氏講演
11:25− パネルディスカッション1
  隈研吾 氏、岩井俊雄 氏、廣瀬通孝、相澤清晴、鈴木康広
13:30  午前の部終了(予定)

<午後の部 14:00受付開始 14:30スタート 17:00終了予定>
14:00      午後の部:受付開始
14:30−14:50  「空気の港」の展示概要説明(鈴木康広)
14:50−14:55  長谷川一氏講演
14:55−15:00 北川フラム氏講演
15:00− パネルディスカッション2
 北川フラム 氏、長谷川一 氏、廣瀬通孝、苗村健、鈴木康広
17:00  午後の部終了(予定)

その他、下記のイベントもご参加ください。
■ギャラリートーク 2009/11/1(日)14:00〜16:00
     ゲスト:原研哉 氏(デザイナー) 、廣瀬通孝、鈴木康広
     ※予約は不要です。開催時間までに集合場所までお越しください。

■キッズワークショップ10/31(土)11:00〜12:30
     定員15名(小学校3年生以上)
     「Please watch your EARS! 指向性スピーカーで音を飛ばそう」
     ※お申し込みはこちらから
     http://www.digital-public-art.org/

羽田空港:空気の港

| コメント(0)

羽田空港にて Digital Public Art in Haneda Airport 「空気の港
~テクノロジー×空気で感じる新しい世界」 
を開催している。
空港にさりげなくパブリックアートとして、19作品が展開され、空港内を
歩き回ると新しい空気、空港、世界を感じることができる仕掛けとなって
いる。羽田空港第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナル、京急線羽田空港駅
にわたり作品を展開している。

個人的には、ほぼフルコミットにて参加しており、是非、来ていただけたら、と
思っています。お知り合いの方はお越しの折にご一報をいただければ、時間が
合えばご案内いたします。

Digital Public Art in Haneda Airport 「空気の港
~テクノロジー×空気で感じる新しい世界」 

開催期間
2009年10月9日(金)~11月3日(火・祝)
時間 : 10:00~19:00
10月30日(金)にはデジタルパブリックアートシンポジウムを開催とのこと。


アイオワで、朝、Joggingをしていたら、ウサギやリスにたくさん会った。
周りの人に話を聞いていると、タヌキやシカなどもいるらしい。自然が
豊かでほのぼのとした感じである。何枚か写真をとったので、アップしてみる。

2009_0620Iowa_amnimal1.jpg

2009_0620Iowa_amnimal2.jpg

2009_0620Iowa_amnimal3.jpg

2009_0620Iowa_amnimal4.jpg

2009_0620Iowa_amnimal5.jpg

Iowa State University散歩

| コメント(1)

アメリカのアイオワ州(Ames, Iowa)にある、アイオワ州立大学を散歩した。
ニューヨークのセントラルパークを作った人と同じ人がキャンパスを設計した
そうで、キャンパス内が公園のようになっており、とてもきれいで広大で自然が
豊かなキャンパスだった。
 
2009_0619ISU1.jpg

2009_0619ISU2.jpg

2009_0619ISU3.jpg

2009_0619ISU4.jpg

2009_0619ISU5.jpg

2009_0619ISU6.jpg

紫陽花の写真

| コメント(0)

梅雨らしくもないが、紫陽花の写真を撮ったので、アップしてみる。
 
2009_0613ajisai1.jpg

2009_0613ajisai2.jpg

2009_0613ajisai3.jpg

2009_0613ajisai4.jpg

2009_0613ajisai5.jpg

Google Earthには、過去の衛星写真(過去といっても、10年くらい前から
であるが)を見ることができる。こういうのを見ていると、都市の開発過程
などを見ることができたりする。さらに昔の写真を見てみたい、と思ってい
たら、goo古地図、というサービスがあった。江戸時代や昭和の初期の航
空写真が写っているわけだ。

時代の変遷がわかり、かつ、昔、どういうところだったのか、というのがとても
よくわかり面白い。特に江戸時代にどの屋敷だったところが現在、どうなって
いるか、なども面白いし、またどういう経緯をたどって、都市計画が起きて
いったかなども垣間見られるのが良い。



Lavalの街並み

| コメント(0)

フランスLaval(ラバル)にいるので、街並みの写真も撮ってみた。

2009_0426laval1.jpg

2009_0426laval2.jpg

2009_0426laval3.jpg

2009_0426laval4.jpg

2009_0426laval5.jpg

2009_0426laval6.jpg

2009_0426laval7.jpg

2009_0426laval8.jpg

2009_0426laval9.jpg

2009_0426laval10.jpg

2009_0426laval11.jpg

Laval VirtualとVR

| コメント(0)

Lavalに一週間ぐらい滞在している。いろいろLavalの街並みなど
見ている。スーパーはカルフールなどがあり、フランスと感じさせる。

Lavalは、小さな地方都市ではあるが、面白い点としては、
VR(バーチャルリアリティ)技術を産業の振興政策として特化している
点であり、VR関係の会社や大学、研究機関などが集まっている。
特に、Laval Virtualというイベントがあり、この中では、企業の展示会の
ようになっており、VR技術の展示が行われている。もちろん、アカデミック
からの参加もあり、さまざまな技術や研究発表、アート作品の発表がされ
ており、面白いイベントとなっている。

日本で言えば、岐阜県みたいな位置づけに近いのではないだろうか。
岐阜県では、以前の梶原知事がVR技術を振興して、IAMASやVRテクノ
センターを作ったような感じに近いような気がする。岐阜よりもこぢんまりと
した街である。ただ、VRなどを通して、地域振興がうまくいっているのでは、
と感じる。以前、行ったリンツは、メディアアートで地域振興をしていたが、
今回のラバルは、VRで地域振興という気がする。

日本のゲームや漫画にも興味を持つ層が一定数はいるようで、本屋には
漫画が売っているし(たくさん)、ゲーム屋さんなどもある。Laval Virtualでは、
技術紹介や製品紹介もあるものの、さらに一般向けにはゲームもあり、
さながらゲームセンターのようなものが紹介されていたりする。マリオカートや
ダンスダンスレボリューションなどもあり、子供たちが遊んでいたりするのが
ほほえましい。

日本語では、VRはバーチャルリアリティであるが、フランス語ではVとRが
逆の順番で、「Realite Virtuelle」と呼んでいる。

フランス Laval

| コメント(1)

フランスのLaval(ラバル)にきている。Lavalはパリから西へTGVで1時間半
くらい行ったところにあって、人口が5万人強のこじんまりしたきれいな街だ。
 
2009_0425laval1.jpg

2009_0425laval2.jpg

2009_0425laval3.jpg

2009_0425laval4.jpg

2009_0425laval5.jpg

2009_0425laval6.jpg

2009_0425laval7.jpg

2009_0425laval8.jpg

最近のコメント

アイテム

  • 2009_0620Iowa_amnimal5.jpg
  • 2009_0620Iowa_amnimal4.jpg
  • 2009_0620Iowa_amnimal3.jpg
  • 2009_0620Iowa_amnimal2.jpg
  • 2009_0620Iowa_amnimal1.jpg
  • 2009_0619ISU6.jpg
  • 2009_0619ISU5.jpg
  • 2009_0619ISU4.jpg
  • 2009_0619ISU3.jpg
  • 2009_0619ISU2.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31